Another HTML-lintとかマークアップエンジニアとか。

| コメント(2) | トラックバック(0)

えーっと、まぁ何だ、何が言いたいねん? って人はこっち↓を見てください。このエントリーには「毒」が盛られているので。

面倒くせぇけどたかだか大阪のウェブ屋がどうとか言われるとムカつくので自分の立ち位置からちょっと述べると、

  • マークアップ・エンジニアこそが会社のコア・コンピタンスであり且つマークアップ・エンジニアが高い給料を取れる(小さいながらも)会社を経営していて、マークアップ・エンジニアが金を取れるかどうかもスーツ次第と思っているスーツだけどそれが何か?
  • Another HTML-lintにはお世話になっていてK16さんの日記に「だれか要りませんか」と書かれていたMac(Performa)を買い取るという名目でビール代を払ったことがあって、そのPerformaは家内が「使ってないものをいつまでも置いておくな」ということでドナドナされてしまったけれどビールだと税金的に面倒(嘘)なので中古ハードの購入という名目にしたので良かったと思っているけどそれが何か?
  • ウチの会社のサイトをリニューアルしたついでにJavaScript+CSSでプレゼンツールを作ってそれが簡単に作れるMTのプラグインも一緒に公開したりしてそのJavaScript+CSSはウチのマークアップ・エンジニアが作ったわけだけどそれで彼はエフェクト重要じゃなくてアクセシブル且つ作りやすいことこそ大切と言っていたのでエフェクト左程重要じゃなくね、という意見に同意してそのままにした判断は誰がしたかというとスーツ兼任プログラマ(<これでいいですか? 皆の衆) な僕がしたわけだけどそれが何か?
  • 例えば「アクセシビリティ」+「制作会社」でググると今日現在ウチが一番上に表示されるけどそれが何か?
  • サイトをガラッと変えて検索順位が落ちたらウチが間違っているんじゃなくてGoogleが間違っているのだとマジで思うわけですがそれが何か?
  • ウチのクライアントは発注先の選定にあたってMarkup Validation Serviceを活用していて酷い点数のサイト制作会社は除外していてウチに名指しで声かけてくれるわけだけどそれが何か?

ついでに...

  • MT4が今日リリースなわけですね。6Aさんから徒歩一分の赤坂のホテルからこのブログ更新していますがそれが何か?

立ち位置の説明で終わっちまったなぁ。結局のところ、そうやってあーだこーだやってるわけだがWeb業界がどうだとかCSSだとかJavaScriptとかWeb標準だとかアクセシビリティだとか全部大切でそのあたり真面目にやるのが全部大好きだけど結局大切なのはクリエイティブだったり、まぁ何だ、皆んな仲良くやればいいのになんて思う僕だけどそれが何か?

あっち(どっち?)の人に対してわかりやすく説明するなら、MVCのVをきちんと担当できるマークアップエンジニアがいればCを受け持つ人間にしたらすんごい楽なわけですよ。

こっち(どっち?)の人に対してわかりやすく説明するなら、MVCのCの人とうまく連携出来るくらいの知識をマークアップ・エンジニアは持つべきだし、そういう面で真剣に第二の何かを探したほうがいいというのはあながち何[謎]でもないことも考えておいた方がよいわけですよ。

ただ、テンプレートエンジンとか上手く使って魅力的なWeb(サービス|サイト)とか作ろうと思ったら、両者は「車の両輪」の如しだっていうのはスーツの戯れ言ですかそうですか。

何て思ったりするわけですけどそれが何かっ!?

あ、一応このあたり↓への言及ね。

あと、一応補足というか、僕の本音(というか、そのあたりについて思っていることへの言及というか、つまりは読んで欲しいエントリー)も言い訳程度にご紹介しておきますね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/228

コメント(2)

スーツ兼任プログラマ

ハハハ、正しい表現ですね、あるいはホワイトギークでも可:-)

RSS読めなかったみたいで...

失礼しました。tag2xhtmlプラグインがlink要素閉じなきゃなんね、と勘違いしてたみたいですね。ここはMT3だから要らんわけですが、色々実験場なもので。

# わざわざ画像アップするくらいならコメントとかくれたらいいのに...とか、いわない! (言ってる!?)

失礼いたしました!

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年8月 8日 01:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「再構築がホットスポットだったのか!?」です。

次のブログ記事は「動的生成のメリット、静的生成と「ゴミ」。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6