アルファサード株式会社 代表取締役 野田 純生のブログ


CMSには、まだチャンスがあるな、と。


公開日 : 2014-03-28 22:48:25


まとまんない雑文ですが、こういうのを投稿できるようになったことが、自分自身の変化なのかな、と。

お前らCMSの「C」にもっと力入れろよとか、ツールはどうでも良くてコンテンツこそが王様であるというお話には基本的には概ね同意だったんですけどね。これまでは。

SafariScreenSnapz004

で、MT6が出て、Data APIだとか言われても、それで売れるもんかって思ってました。今でもそう思ってるところありますけど。お客さんが「それ、Data APIで」とか言ってこないからね、基本。

でも、考えが変わった。投稿ツールを作ったからなんだけど。Facebookは「今どんな気持ち?」って聞いてくる。Twitterは「今何してる?」って聞いてきてたような気がするのだけど、今見たら聞いてこないな。

でもね、この、「今何してる?」とか「今どんな気持ち?」っての、これって意味が無いように見えて、実は結構重要じゃないかと思えてきた。ツールが変わるとこんなに書けるものかな、と思えたのですよ。それなりに忙しい訳ですが、書けなかったブログエントリの数が今月はこんなに。モチベーションが変わったわけではなくて、ツールが変わっただけです。

筆は軽くなるね。確実に。デスクトップアプリ、投稿エディタ、軽いから。

といいながら、MAUSで書いているとね、CMSにはまだチャンスがあるように思うのです。コンテンツが王様、であっても、ツールがコンテンツを作るのだから、コンテンツの内容にさえも影響を与えられるようなツールがまだまだ作れるんじゃないかな、と。

こんな感じでね、つらつらと入力してるわけです↓。管理画面にログインするわけでもなく。

この記事を入力している画面

つまり、まだCMSにはチャンスがあるのではないかと思う、今日この頃です。来週、ベータ3を公開したいと思います。



このブログを書いている人
野田純生の写真
野田 純生 (のだ すみお)

大阪府出身。ウェブアクセシビリティエバンジェリスト。 アルファサード株式会社の代表取締役社長であり、現役のプログラマ。経営理念は「テクノロジーによって顧客とパートナーに寄り添い、ウェブを良くする」。 プロフィール詳細へ

ページにルビを振る