街を歩きながらJIS X 8341-3:2010の達成基準 1.4.3 を理解する

| コメント(0) | トラックバック(0)

続きます。

前回は、「色の利用」について取り上げました。もう一つ、WCAG、JIS X 8341-3:2010には色(というよりも正しくはコントラストですが)に関する項目があります。

1.4.3 最低限のコントラスト: テキスト及び画像化された文字視覚的な表現には、少なくとも 4.5:1 のコントラスト比をもたせる。ただし、次の場合は除く: (レベルAA)

  • 大きな文字: サイズの大きなテキスト及びサイズの大きな画像化された文字には、少なくとも 3:1 のコントラスト比がある。

  • 付随的: テキスト又は画像化された文字において、次の場合はコントラストの要件は該当しない。アクティブではないユーザインタフェース・コンポーネントの一部である、装飾だけを目的にしている、誰も視覚的に確認できない、又は重要な他の視覚的なコンテンツを含む写真の一部分である。

  • ロゴタイプ: ロゴ又はブランド名の一部である文字には、コントラストの要件はない。

AAAの場合はさらに厳しくて、7:1のコントラスト、大きな文字で4.5 : 1 のコントラストを確保すること、とされています。

この、コントラスト比の計算方法はWCAGのサイトで公開されています。計算方法をここでご紹介する意味はあまりないと思うので詳細はリンク先を参照ください。

チェックはどうするかというと、コントラストの計算を行うソフトウェアがありますので、そういったものを使うのが一般的です。最も有名なのはColour Contrast Analyser (CCA)でしょう。アルファサードでも、ColorTesterというフリーソフトを公開しています。

JR新大阪駅の新幹線電光掲示板

JR新大阪駅の電光掲示板

写真の撮り方によりますし、正確な数字ではないことをお断りしておきますが、写真から色を拾ってColorTesterのチェックにかけてみました。

ColorTesterのテスト結果

文字のどの位置かによって結果は異なりましたが、概ね 2.5 : 1 から 3.0 : 1。3.0 : 1 だと「大きな文字」でぎりぎり適合ということになります。ウェブの場合は(WCAGで)「18 ポイントのテキスト又は太字で 14 ポイントのテキスト」が大きな文字とされています。(WCAGで)「18 ポイントのテキスト又は太字で 14 ポイントのテキスト」が大きな文字とされています。JIS X 8341-3:2010では「日本語を含む場合、少なくとも22ポイント又は18ポイントの太字」と追記されています。

電光掲示板はリアルなサインですから、距離によって文字の大きさは変わってみえるので(遠くから見たら当然文字は小さく見えるし、確度によって太さの見え方も異なるでしょう)一概にどちらの数字を適用したらいいかを述べることはできませんが、少なくとももう少しコントラストを確保したいところです。ちなみに、「こだま」の青色は4〜4.5 : 1確保できていますので、大きな文字においては「適合」です。

ちなみに「のぞみ」は 10.0 :1以上のコントラストが確保されており、「適合」です。

新大阪駅の電光掲示板。のぞみの表示

参考 : このページに掲載されている写真だと、「こだま」はもう少し明るい色になってますね。「ひかり」は相変わらずに見えます。

間もなくクリスマスですね! (違)

少し涼しくなったと思ったら、街にはクリスマスツリーが出現したりして近頃は気が抜けませんね。ツリー、サンタといえば、グリーンと赤色。この組み合わせが識別しにくい人がいるよって話しは先のエントリーに書きましたが、以下の画像の背景色と前景色のコントラスト比は、1.1 : 1 / 2.2 : 1 で、これらは普通の文字、大きな文字ともに不適合です。但し、後者の写真は背景と文字の間に白い縁取り線があります。こうすれば「適合」となる例ですね(ちなみに、この写真は少し古い写真で、現在これがこのまま残っているかはわかりません)

自動販売機の上「本日分」の表示。グリーンの上に赤い文字が重なっている     同じく「本日」前売」の表示。同じ色合いだが、白い縁取りがある

ウェブの場合は、テキスト化することで配色を変えられる可能性がある

AAには、この項目と関連して、以下の達成基準があります。

1.4.9 画像化された文字(例外なし): 画像化された文字は、装飾だけを目的に用いられているか、その情報を伝える上でテキストを特定の形で表現することが必要不可欠である。 (レベルAAA)

注記: ロゴタイプ(ロゴ又はブランド名の一部である文字)は必要不可欠なものであるとみなす。

色を変更する方法と見え方については、OS XでもWindowsにも「アクセシビリティ」の設定があって、そこから変更できます。また、画像化された文字を使わなければ、ブラウザ上でテキストを選択したり、エディタにコピペしたりしても読むことができます(私は、表はExcelにコピペしてスクリーンリーダーで読むねん、という人を知っています)。以下のブログ記事もぜひお読みいただきたいと思います。

上記の記事をお読みいただくことでお感じいただけると思います。アクセシビリティは結構身近なものですよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/904

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2014年10月16日 16:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「街を歩きながらJIS X 8341-3:2010の達成基準 1.4.1 を理解する(その2)」です。

次のブログ記事は「キーワードを登録してコンテンツから自動的にリンクを生成するMTのプラグインを作った。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6