MT6のDataAPIのエンドポイントを作ってみた(アイテム関係 -続編)。

| コメント(0) | トラックバック(0)

日曜日に投げるとあんまり見てもらえないから(嘘)。公開してからちょくちょく直したり改修したので改めてドキュメントチックなものを。

MT6のDataAPIのエンドポイントを作ってみた(アイテム関係)。

追加されるエンドポイントは以下のとおり。asset_id指定での取得を追加しました。また、一覧の取得時には sortBy(デフォルトはID)、sortOrder(デフォルトはdescend)、limit(デフォルトは10)、offset(デフォルトは0) 指定できるように。

/sites/:site_id/assets
/sites/:site_id/assets/image
/sites/:site_id/assets/video
/sites/:site_id/assets/audio
/sites/:site_id/assets/:asset_id

取得できるリソースはMT標準の下記にいくつか追加しました。

https://github.com/movabletype/Documentation/wiki/data-api-resource-assets

image_width(画像のみ)
image_height(画像のみ)
icon_url(アイコンのURL。画像の場合はサムネイル)

icon_url については、リスティングスクリーンに表示されるものと同じものが返ります。今のところ45pxサイズ決め打ち。

戻り値はこんな感じ。

{"totalResults":2,"items":[{"icon_url":"http:\/\/mt4local.alfasado.net\/MyMovableType\/exalscript.png","image_width":"32","description":null,"tags":{},"image_height":"32","filename":"exalscript.png","url":"http:\/\/mt4local.alfasado.net\/MyMovableType\/exalscript.png","mimeType":"image\/png","label":"exalscript.png","id":"3"},{"icon_url":"http:\/\/mt4local.alfasado.net\/MyMovableType\/assets_c\/2014\/03\/SafariScreenSnapz006-thumb-45x45-1.png","image_width":"1732","description":null,"tags":{},"filename":"SafariScreenSnapz006.png","image_height":"578","url":"http:\/\/mt4local.alfasado.net\/MyMovableType\/SafariScreenSnapz006.png","mimeType":"image\/png","label":"SafariScreenSnapz006.png","id":"1"}]}

MTDataAPIDebugger が便利すぎる

MTDataAPIDebugger (アルファサード)

MTDataAPIDebuggerのキャプチャ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/842

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2014年6月 2日 10:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MT6のDataAPIのエンドポイントを作ってみた(アイテム関係)。」です。

次のブログ記事は「MTのテンプレートを検証する Data API のエンドポイント。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6