大事なことなのでもう一度。MTを最新版にできない場合、とりあえずmt-upgrade.cgiを削除する。

| コメント(1) | トラックバック(0)

オフィシャルには最新版にしてくれ、としか言えないけど、本当に必要なのは何が危ないかを明らかにすることかと思うんですよねぇ。しょうがないけど。

MTを最新版にできない場合、とりあえずmt-upgrade.cgiを削除しよう。

無条件に削除するもの(古いMTにしかないもの)。

  • mt-add-notify.cgi
  • mt-view.cgi

削除がなんなら、実行権限を外すだけでもいいです。その他にも以下。

  • mt-check.cgi
  • mt-wizard.cgi
  • mt-testbg.cgi
  • mt-upgrade.cgi
  • mt-atom.cgi
  • mt-check.cgi
  • mt-check.php
  • mt-cp.cgi
  • mt-feed.cgi
  • mt-ftsearch.cgi
  • mt-xmlrpc.cgi
  • mt-data-api.cgi
  • mt-sp.cgi

コメントトラックバックを使っていなければ

  • mt-comments.cgi
  • mt-tb.cgi

も要らない。

mt_dir/extlib/Locale(Maketext)を最新版に入れ替える

mt.cgiをリネームして、Basic認証でもかけておきましょう。

mt-cofig.cgi で、AdminScript を指定すれば、ファイル名を変更できます。

利用していないプラグインを外す

何にも考慮されていないやつとかあるので。

おまじない

以上。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/835

コメント(1)

昔 MT で作ってたブログ、すでに管理者パスワードも忘れてしまってたから、これは助かる(^_^;

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2014年5月21日 12:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MTのテンプレートで 0 から nまでの乱数を取得する(Pure MTMLバージョン)」です。

次のブログ記事は「PHPerのためのMovable Type講座(その14)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6