MT4のエントリー投稿画面の入力フィールドを簡単に,無制限に増やせるExtFields。

| コメント(0) | トラックバック(1)

まだ作成中だけど出来ているところまでのデモムービーをアップしたよ!

ExtFieldsで拡張したエントリーの編集画面

これもまた作成中のものだけど、以下のプラグインあたりと組み合わせて使うことでクライアントの要件に沿ったCMSを簡単に構築できる(ものになる筈)。

カスタマイズした編集画面を「ひな形」的に保存・登録できるから、複数のパターンから好きなものを選んで投稿できるし、各パターン毎に出力するテンプレートを切り替えることもできる。

条件タグなんかで出力条件をカスタマイズすることもできるし、このムービーの例では、textだったらdt、textareaだったらdd にしてループさせるようにテンプレートタグを定義している(だから、その場でフィールドはどんどん増やしていける)。

こんな感じね。


<MTIfExtField>
 <dl>
  <MTExtFields>
  <MTIfExtFieldType type="text">
   <dt style="font-size:120%;font-weight:bold"><p>
  <MTElse>
   <dd style="margin-left:20px"><p>
  </MTElse>
  </MTIfExtFieldType>
   <$MTExtFieldText$>
  <MTIfExtFieldType type="text">
   </p></dt>
  <MTElse>
   </p></dd>
  </MTElse>
  </MTIfExtFieldType>
  </MTExtFields>
 </dl>
</MTIfExtField>

もちろん決め打ち? もできる。


<$MTExtFieldText label="label1"$>

リリースの時期とライセンスは未定だけど、最終的にはMTOS用とMT用のデュアルライセンスとか考えてます。

* いや、MT4、いじりがいがありますよ!


追記:

こんな感じにすると、「名前」で指定したタグで囲まれることになる。例えば「名前」を「h1」とか「blockquote」とかするとそのダグで囲まれるわけだ。


<MTExtFields>
 <<$MTExtFieldlabel$>>
  <$MTExtFieldText$>
 </<$MTExtFieldlabel$>>
</MTExtFields>

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/185

Movabletypeを選んだ理由について自分で思うことなどをいくつか書き出してみました。 続きを読む

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年9月 8日 16:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ついカッとなって投稿しないようにするには?」です。

次のブログ記事は「SNAPZ Pro Xでムービーキャプチャして遊ぶ!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6