Googleはそろそろ広告についてもスパム対策を行ったらどうか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ただし、最近はアフィリエイト狙いなのか、単にキーワードばかり羅列しただけの「スパムブログ」が多く引っかかって閉口しています。 Technorati による検索結果の方がスパム数は少ないけど、ヒットするエントリが少ないから単純に Technorati の方が優秀という訳にもいかないし。

テクノラティは結構マメにスパムを排除していると思う(感覚的なものですけどね)。どこまで機械化されているのかわからんですが。

テクノラティのブログランクを見ているとそんな感じがする。順位は相対的なものなので上下するのはあたりまえだろうが、リンクされているブログの数やリンクの数がわりとマメに増「減」しているのだ。

テクノラティのランキング

いずれにしてもスパムブログ対策ってのは昨今の重要テーマであることは間違いない。検索エンジンのノイズ、トラックバックノイズ、コメントノイズ、ブックマークノイズ、そしてもちろんスパムメール、ウェブ/インターネットは雑音だらけである。

そして、サービス提供者はCaptchaを導入し、視覚障害者はサービスを利用できなく(あるいは極端にしづらく) なっていく。

「イタチごっこ的な対策ではない何か」はあるのか?

多分そんなものは無いのだろう。ただ、スパムを解析するアルゴリズムの研究とそれを突破するアルゴリズムの研究とかは置いておいて別の方法も考えてみたらどうか。

例えば「スパマーの収入源を元から絶つ」方法。

例えばGoogleにとって「スパムブログを検索結果から排除する」行為と「スパムブログに貼られたAdSenseのアカウントを剥奪する」行為のどちらが有効な手段だろうか?

*収益とユーザーの批判を気にしたら、まぁ後者の方法はとれないんでしょうけどね。

また、サイトに表示される広告の質も疑問である。

  • ミク○ィで毎月○○円稼ぐ方法
  • 携帯アフェリで月○○○円稼ぐ
  • 元ニートが○○○円稼いだ方法とは?
  • アド○ンスで○○万円稼ぐ

で、あんまり露骨なのは嫌なのでフィルタリングする。するとGoogleからご丁寧にメッセージが来る。

システムでお客様のサイトを確認しましたところ、下記の方法を実行することでより多くの収益を獲得いただける可能性があります。
フィルタにより、サイトの収益となる広告が除外される可能性があります。

Googleは間違いなく各種スパムを排除する優秀なアルゴリズムをもっている企業であろう。ところがGoogle自身の収益源である「広告」においてその真偽性や質によるフィルタリングはかけられていないようだ。

別にスパム云々ではないケースだが、以前広告 (内容は公共的なもの) をGoogle、Overtureに出稿した時、GoogleはノーチェックでパスしたがOvertureのチェックは結構厳しかった。

アフェリエイトにしてもAdWordsにしても、審査を厳しくして違反行為を取り締まることにこそ重点を置くべきでないのだろうか? そっちの方が余程効果がありそうなものだ。

もちろん、Googleが「ミク○ィで毎月○○円稼ぐ」広告をユーザーの利益につながる広告であると本気で思っているのであれば話は別だが。

それとも本当に「自作自演なのだろうか?」

...などというエントリーに広告を貼付けると一体どんな広告が表示されるのだろうかね?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/213

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年8月20日 11:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「違う、我々が欲しいのは電源が長持ちして熱くならない携帯電話だ!」です。

次のブログ記事は「インターネットはからっぽの洞窟。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6