Movable TypeでMTIncludeもPHPもSSIも使わずテンプレートをモジュール化する方法。

| コメント(0) | トラックバック(0)

もっと普及している考え方かと思ったけどそうでもなさそうなので書いておく。 別にMovable Typeじゃなくても使える方法だけど。

PHPもSSIも使わずできるしMTIncludeと比較してもこの方法だと古いページの再構築を一切不要にできる。

関連しそうなエントリー

モジュールをJavaScript化する

要は最近のエントリー等インクルードしたい部分をJavaScriptで吐くわけ。

JavaScript前提じゃん! ってそーですWeb屋の皆さんは「業務」で使わないように。 個人のブログでサーバー管理者から怒られたらやってみれば? くらいのTips(とも呼べないレベルやけど)。

*あと、JSONとかXMLで吐かれるようにしてXMLHttpRequestで...とか言うなよ。JavaScriptで通信させる意味ないし。

まず新規テンプレートを作る。

  • テンプレート名 : RecentEntry
  • 出力ファイル名 : include/recent_entry.js
  • インデックス・テンプレートを再構築するときに、このテンプレートを自動的に再構築する: Check!

テンプレートの内容(最近のエントリー15件を表示する)


document.write('<ul>');
<MTEntries lastn="15">
document.write('<li class="module-list-item"><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle encode_js="1"$></a></li>');
</MTEntries>
document.write('</ul>');

あとは表示させたい箇所に以下の通り。


<script type="text/javascript" src="/include/recent_entry.js">
</script>
<noscript>
<!--最近のエントリーとか最近のコメントなんかを
まとめたページへのリンクとか置くとより丁寧-->
</noscript>

まぁ、僕はやらないけど役に立つ人もいるかな、ってことで。

実際に「古い」アーカイブにだけ適用してみた。

*JavaScriptにヒア・ドキュメントがあればいいのに...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/285

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年7月11日 11:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自由だ!」です。

次のブログ記事は「Movable Type BuildFileFilter4OldArchiveプラグイン。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6