古いエントリーは「再構築」しなくてもえーやん!

| コメント(2) | トラックバック(0)

問題!

さっき電車の中で気づいてしまった。さて、このプラグインの問題点は何でしょう? まぁ、答えは来週 (コードの問題ではなくてしくみ自体の問題) 。

*修正版をアップ済みです。

「再構築」快適化3部作(謎)第3弾!

指定した日数以前に更新(作成)されたエントリーアーカイブは「再構築」しないプラグインを作ってみた。

何でこんなの作ったかって? だって趣味「再構築」やし。それなのに...それなのに..シックス・アパートって酷いやん。「再構築」→「公開」に変更したって!? 趣味は「公開」って笑いとれへんわ! 戻してくださいおねがいします。

Change references in app from "rebuilding" to "publishing"

WPユーザーに「ふん? 何?再構築って」なんて言われながらMTユーザーは我慢してたんやぞ! それでも実はみんな「再構築」が大好きだったんだ!

>もーえーわ!


簡単に出来そうなので作ってみました。恒例のMovable Type10分間Cooking!

導入手順

ちょっとコツというか手順を踏まないといけないけれど。

まず初期状態では以下のようになってます。

プラグイン設定画面

何日以内に作成もしくは更新されたエントリーを再構築するか数字で指定。当たり前だけど短くすればする程再構築が短時間で済む。

created_on(作成日)とmodified_on(更新日)のどちらをキーにするかをラジオボタンで指定する(まだこの段階では上のチェックボックスはオフのままね)。

条件タグを一つ用意したので、エントリーアーカイブのテンプレートに手を入れる。

<MTIfOlderEntry>
180日以前に更新(作成)されたエントリーです。古いです。
<MTElse>
古くないです。
</MTElse>
</MTIfOlderEntry>

色々な使い方が出来ると思う。

  • 古いエントリーは殆どアクセスが無いので、古いエントリーアーカイブはモジュール部分をSSIとかPHPでインクルードする。新しいアーカイブはアクセスが多いので静的生成する。
  • 古いエントリーではモジュールは使わない (最近のエントリーとか最近のコメント/トラックバックとかは表示させない)。
  • 古いエントリーはコメントとかトラックバックを無効にする。

等々。で、テンプレートの修正が終了して保存したら一旦全再構築をかける。

その後再びプラグイン設定画面に移動して、「Filter Active.」にチェック→「変更を保存」。以上!

指定した日数以前に更新(作成)されたエントリーアーカイブは「再構築」が行われなくなる。

できればBackground Rebuilderと一緒に使って欲しい。効果がより実感できるので。

このプラグインのライセンスは...『「公開」→「再構築」に戻してよシックス・アパートさん』ウェアとします(大嘘です...GPLね、何かと話題のGPL)

* GPL版MTOSがリリースされるまではパブリック・ドメインとします(もちろん、同じソースのライセンスを変更すると混乱の元ですから、このバージョンのソースはずっとパブリック・ドメインとします)。
MTOSについての何らかのアナウンスがあった時に各プラグインについてのライセンスを再度定義したいと思います。

みんなでここ (Six Apart - Movable Type に関するフィードバック投稿フォーム) から『Beta5から「再構築」が「公開」に変更されていますが、「再構築」に戻して欲しい。』と入力して送信すること! 送信しないとこのプラグインはMT4に対応しません(嘘!...っていうかMT3しか確認してないのでそこんとこよろしく!)。

ダウンロード

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/289

コメント(2)

こんばんは。
「再構築」の件は6Aにフィードバックしまして、Beta4 の状態に戻してもらえるそうです。
ではでは!

yujiroさん登場!

>「再構築」の件は6Aにフィードバックしまして、Beta4 の状態に戻してもらえるそうです。

そうですか! 情報ありがとうございます。

これで心おきなく「趣味は再構築」使えます(笑)。

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年7月 6日 20:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Typeをめっちゃ高速化する20の方法。」です。

次のブログ記事は「Movable Type 4のポテンシャルを探る〜GPLライセンス版登場でMTはどう変貌するか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6