Movable Type 4のポテンシャルを探る〜GPLライセンス版登場でMTはどう変貌するか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

僕が知りたい(笑)。

ということで久しぶりに人前に出ます。

以下、コピペで失礼します。

【第14回】WebSig会議受付開始 「Movable Type 4のポテンシャルを探る~GPLライセンス版登場でMTはどう変貌するか?」

7月28日(土)に第14回WebSig会議:「Movable Type 4のポテンシャルを探る~GPLライセンス版登場でMTはどう変貌するか?」を開催します。

詳細は決定次第、順次告知していきます。

■開催趣旨
第14回WebSig会議は7月18日に正式リリースされる、Movab Type 4および、近々リリースされるであろう、Movable Type GPLライセンス版をテーマに取り扱います。

MT4ベータ版から取り組まれ、またプラグイン作者として著名な4名をお招きし、今までのMovable Typeとは、どのように変わったのかはもちろん、MT4でサイト構築する上でのTIPS等もお伝えできればと考えています。

討論会ではGPLライセンスになればどうなるかを推測し、シックス・アパート株式会社に対する要望・提案などもあげてみたいと思います。

質問コーナーも充分に時間をとりますので、Web制作者の方にとって、明日から使える情報も得られることでしょう。

■テーマ
Movable Type 4のポテンシャルを探る~GPLライセンス版登場でMTはどう変貌するか?


■スピーカー
Movable Typeのプラグイン作者として著名な、4氏に参加表明をいただいております。

○テクニカルライター 藤本壱さん
テクニカルライターとして、Movabl Typeの書籍を書かれ、またプラグイン作者としても著名な方です。
・The blog of H.Fujimoto
http://www.h-fj.com/blog/

・著書
 『AjaxとPHPによる Movable Type高速&最強システム構築法』
 『Movable Typeでつくる!最強のブログサイト プラグイン&カスタマイズ編』
 『Movable Type Plugins Directory』

○エムロジック株式会社 取締役:関根元和(CHEEBOW)さん
プログラマでありつつ、数々の書籍を書かれ、またプラグイン作者としても著名な方です。ハンドルネーム「CHEEBOW」としてブログも運営されてます。
・エムロジック株式会社
http://www.m-logic.co.jp/

・エムロジック放課後プロジェクト
http://labs.m-logic.jp/

・ヒビノアワ
http://cheebow.info/chemt/

・Movable Typeで行こう!
http://cheebow.info/docmt/

・著書
 『改訂新版 Movable Type 標準ハンドブック 』
 『Movable Type Plugins Directory』他

○アルファサード有限会社 代表取締役 野田純生
Webアクセシビリティに配慮したWebサイトの設計と制作を行う、Web制作会社アルファサードの代表取締役であり、Movable Typeプラグインの作者でもあります。

・アルファサード有限会社
http://alfasado.net/

・Junnama Online (Mirror)
http://junnama.alfasado.net/online/

○産業技術総合研究所 小川宏高さん
Movable Typeを超えてアルファブロガーとして活躍されています。Movable Typeのプラグインも多種作成されています。

http://iddy.jp/profile/ogawa/

・Ogawa::Memoranda
http://as-is.net/blog/

・Ogawa::Code - Trac
http://code.as-is.net/public/wiki/WikiStart.ja_JP


■会場
デジタルハリウッド大学 2号館 7階
東京都千代田区外神田3丁目1-16
ダイドーリミテッドビル
http://www.dhw.co.jp/profile/access.html
Google Maps:http://tinyurl.com/2yqmds

■タイムテーブル(予定)
12:30 受付開始
13:20 開演
13:30~17:00 セミナー
17:00 撤収

※詳細なスケジュールに関しては後日アップデート致します。

■お申し込み方法
○メールでのお申し込み
以下のフォーマットによりメールでお申し込み下さい。

宛先:event0728@websig247.jpまで
件名:【20070728】第14回WebSig会議参加申込
本文:
お名前
お電話番号
会社名、屋号、学校名
懇談会参加有無
順次確認のメールを送信させていただきます。
(手作業となりますので、時間がかかる場合がございます)

○mixiからのお申し込み
第14回WebSig会議
上記イベントよりご参加ください。

■懇談会
会議終了後懇談会を実施致します。
詳細は決まり次第、お知らせします。

■会議参加費用:2,000円
※通常会議費用は3,000円ですが、デジタルハリウッド様会場支援により、今回は1,000円引きとなっています。

領収書発行可

■キャパシティ:約100名

■協賛
・デジタルハリウッド株式会社

■ご連絡事項
○受付け、当日の座席について
毎回多数のご応募を頂いており、キャパシティーの都合上、事前で締め切りをすることも多くあります。

ただ、連絡を頂かない当日キャンセルの方が少なくない人数でいらっしゃるので、前日までキャパシティーを若干超えても募集を受付ける予定です。

当日は遅れていらっしゃるかたは場合によっては立ち見の可能性がございますので予めご了承ください。

○申し込み、キャンセルについて
上記の通り、当日キャンセルで参加できない方を減らす意味でも、前日までにキャンセルを頂けない方からは参加費用を頂戴することも検討致しますので併せてご了承ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/288

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年7月 7日 01:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古いエントリーは「再構築」しなくてもえーやん!」です。

次のブログ記事は「世界遺産「姫路城」。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6