Movable Type オープンソースプロジェクト。

| コメント(0) | トラックバック(4)

既に各所で報じられている通りですが、第3四半期にMovable Typeのオープンソースバージョンがリリースされる模様です。Movable Type Open Source Project のトップページでFAQ的に書かれている部分をざっと読んでみました。

シックス・アパートの日本法人からも何らかのアナウンスや情報提供があることを期待していますが、まずは本家? のメーリングリスト(英文)に参加してみました。日本でも盛り上がると良いなと思います(というより, 盛り上げましょう、是非)。

以下は What is the Movable Type Open Source project? から Why is there a lag between the launch of the commercial and open source versions of Movable Type? までの6つのパラグラフです (翻訳には誤りが含まれているかもしれません)

原文はこちら(Welcome to MTOS: the Movable Type Open Source Project)


2007年6月8日20時06分翻訳を一部修正 (読みにくいのでDEL要素はCSSで非表示にしています)


Movable Typeオープンソースプロジェクトとは何ですか? (What is the Movable Type Open Source project?)

Movable Typeオープンソース(MTOS)は Movable Type4.0のGPLライセンスバージョンであるオープンソースプロジェクトで, 2007年第3クオーターにリリースします。 既に実在している Movable Type 開発者の大きなコミュニティへのリソースでもある www.Movable Type.org/opensource が主催します。 そして既に大きな Movable Type デベロッパーのコミュニティへリソースを提供するために www.Movable Type.org/opensource にホスティングいたします。

なぜオープンソースオプション? (Why an open source option?)

それは簡単です: 私たちの顧客と私たちのコミュニティーは Movable Type のオープンソースバージョンを求めました。 Movable Type コミュニティの多くの顧客と開発者は彼らが彼ら自身の必要性のために自由に変更することができる Movable Type のバージョンを探していたのです。さらに, 他のオープンソース製品に Movable Typeのオープンソース版をバンドルすることを目指しているコミュニティーのメンバーがいます。 私たちはこのオプションの実現について検討していましたが、「MTOSのベースをMT4のラインに位置づける」と決めていたため、今回のこの発表がMT4リリースと同じタイミングだったのです。 私たちは, しばらくこのオプションを考えていましたが, MTOSのベースをMT4のラインに位置づけると決めました(この発表がMT4リリースと同時である理由です)。

なぜ今? (Why now?)

MT4 は, Movable Typeプラットホームの未来と同様に, これまでの Movable Type のどのリリースと比較しても, 多くの人月を費やして開発された総決算とも言えるバージョンです。私たちは, そのようなMovable Type 4を紹介する時期こそがその格好の時期であると感じていました。

商業バージョンのMovable Typeは放棄するということでしょうか? Movable Typeの商業バージョンを捨てるのでしょうか? (Are you abandoning the commercial version of Movable Type?)

いいえ、絶対そんな事はありません。実際の所、今まで1度もこんなにも商業用のMTの成功を確信した事はありませんし, マーケットの見通しを実感した事もありません。Movable Typeはインストールベースのウェブログプラットホームよりもっと企業的なもの, 例えばメディア・教育機関で使われていますし, だからこそ他の開発者やパワーブロガー, 個人的なユーザー達が求め続けてきたオープンソース事業の実現が簡単になるのです。Movable Type4.0 は Movable Type の歴史の中でのどのバージョンよりも大きな開発投資を行った商業バージョンです。
そのリリースは私たちの商業バージョンの成功の確信を証明してると言えます。
絶対にそうしません。実際私たちは, Movable Type の商業上の成功に打ち込んできたわけではありませんし, マーケットの見通しについて一度も興奮したことがありません。Movable Type はいかなる他のインストールベースのウェブログプラットホームより企業, メディア, 教育機関で使われています。ですからその成功によって, デベロッパーやパワーブロガー, 個人的なユーザが求めていたオープンソース製品を提供することがこれまで以上簡単になるのです。Movable Type4.0 は Movable Type の歴史の中でのどのバージョンよりも大きな開発投資を行った商業バージョンです。

どのように Movable Type のオープンソースバージョンを得ることができますか? (How do I get the open source version of Movable Type?)

この夏の後, MTOSディストリビューションはwww.Movable Type.org でダウンロード/チェックアウトが可能になるでしょう。

Movable Type の商業バージョンとオープンソースバージョンのリリースにタイムラグがあるのは何故ですか? (Why is there a lag between the launch of the commercial and open source versions of Movable Type?)

Movable Typeのオープンソースバージョンをリリースする前に, 私たちはその開発やライセンスの範囲についてコミュニティと議論したかったのです。

さらに, 私たちはベータリリース期間中に製品の品質を向上させ, 私たちが学んだことすべてをオープンソースバージョンに取り入るために充分な時間が欲しかったからです。オープンソースプロジェクトに関してさらに知るために, ウェブサイト http://www.Movable Type.org/opensource/ へアクセスしてください。



追記: 日本での反応は? まだこれからといったところでしょうか。

僕の思うところ, 感じたことについては以下に書いてみました。


(さらに追記 - 6月19日)相変わらず静かですねぇ。[MTOS-dev]メーリングリストにしても時々テンプレートまわりの話題が飛ぶくらい。
タイミングが遅かった? 日本では積極的に告知してない? ってか、ソーシャルブクマとか見ても、MTってこんなだったっけ? っていうのが正直なところだな。

MT→MTなのにトラバが飛ばない。仕方ないのでこちら(はてブ)にリンクしておく

↑こちら経由ですが、↓こんな意見も。

コメント欄にいくつか情報がありましたので補足しました。

トラックバック(4)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/332

引き続き、MTのオープンライセンスについて。 対WordPress? WordP... 続きを読む

長いタイトルになってしまった...。つまり、5つまでのリンクを登録しておいてラン... 続きを読む

小粋空間さんのところでホットなエントリーが上がっていたり, Web屋のネタ帳さ... 続きを読む

ウェブサイトをHTMLとCSSで作る、という古典的な手法は、確実だけれども例えばブラウザごとのチェックとか、細かな気を使うところが多い。まあ労力をかけた... 続きを読む

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年6月 7日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MT4.0, CMSの変化とTransformerプラグイン。」です。

次のブログ記事は「Movable Typeのオープンソース化が意味するもの。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6