Movable Type for AWS(AMI) のセットアップ、プラグインを設置するまで。

| コメント(1) | トラックバック(0)

Movable Type for AWS

改めて書くまでもないと思うけども。一応。Movable Type for AWS(AMI) のセットアップをしてみた。最近はスタッフにお願いすることが多くなったので、リハビリ兼ねて。リハビリにもならなかったがw。

取り敢えずMicroインスタンスで。手順は以下のページの通り。こちらのクライアント環境はMacBook Pro(OSは10.9.2)。

上記手順の 6.Key Pair を選択 のところで作成した Key Pair をローカルに保存。パーミッションを変更。

## XXXX.pem で保存
## $ chmod 400 XXXX.pem

7.以降を続行。完了したら EC2 Management Console を開く。インスタンスを選択して「Connect」をクリックしてダイアログを表示。

AWSのEC2コンソール

## まずは Transmitで ec2-user で XXXX.pem を指定してログインできることを確認、OK

Transmit でログイン

ここから、ターミナルでの作業。

$ ssh -i XXXX.pem root@XX.XXX.XXX.XXX
Please login as the ec2-user user rather than root user.

##  rootになる前に ec2-user ユーザーでログインしろ、と。

$ ssh -i XXXX.pem ec2-user@XX.XXX.XXX.XXX

Last login: Fri May 16 02:38:02 2014 from XX.XXX.XXX.XXX.foo.bar.net

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2013.09-release-notes/
26 package(s) needed for security, out of 127 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.
Amazon Linux version 2014.03 is available.

##  ログインできたら、まず root のパスワードを設定

$ sudo passwd

##  パスワードを2回入力して確定

$ su root

## rootユーザーに。MTのルートへ移動

# cd /app/movabletype

## mt-config.cgi を 日本語環境用に(mt-config.cgi.ja)

# ln -snf /app/aws/ami/conf/mt-config.cgi.ja mt-config.cgi
# vi mt-config.cgi

## MTニュースが英語なので、取り敢えず以下を追加
## NewsboxURL http://www.sixapart.jp/movabletype/news/newsbox.html
## (これは反映に少し時間がかかる)

## addons, plugins を変更するために権限を変更

# chown ec2-user:ec2-user plugins
# chown -R ec2-user:ec2-user plugins/*
# chown ec2-user:ec2-user addons
# chown -R ec2-user:ec2-user addons/*

## あとは Transmit から addons や plugins 以下のファイルをアップロードしたり不要なものを削除したり。
## 変更を反映させるためにシステム全般設定の画面を開き、保存。
## 管理画面から設定の変更を確認

プラグイン設定画面

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/833

コメント(1)

参考にする。最後の方のアップロードしたり削除したりした不要なものって何かしら。/Movable Type for AWS(AMI) のセットアップ、プラグインを設置するまで。 - Junnama Online

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2014年5月16日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Microsoft Azure PHP SDKでPHPからBlobストレージへアクセス」です。

次のブログ記事は「MTのテンプレートで 0 から nまでの乱数を取得する(Pure MTMLバージョン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6