TypePad AntiSpam プラグインがエラーを吐くようになったのでコメントフォームをJavaScriptで挿入するようにしたら効果がありましたとさ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

We Love Blog

古いMTで、コメント欄を問い合わせフォーム代わりに利用しているサイトがあって(最新版に上げろよ!)、急に大量のスパムコメント(メール通知)が増えたのでログをチェックすると、TypePad AntiSpamプラグインがエラーを吐いていた。

TypePad AntiSpam error: Not Found

まぁ、しょうがないんだけどね。でもこれでスパムが大量に増えたってことは有効に機能してたってことだよなぁ、勿体無い。

でね、昔そういやそういう取り組み的なものをしたなぁと思って対策講じてみたのですよ。

でね、間隔の調整とか、CommentScript 変更で再構築したんだけど一向に減らないのです。User-Agentログをみたけどどうにも規則性が見いだせない。 mt-commentsじゃない別のフォームには来ないので、これは何だろうな、単にinputのname属性をチェックして、ブログコメントと見なせば投げてきてるんだろうな、と。

何となく、captchaは入れたくない。JavaScriptに頼ることに。

自分が嫌だし、一発でちゃんとうまくいかないんだもの。アクセシビリティが良くないと思うし。

結局JavaScriptに頼ることに。これもアクセシビリティが、、ってのはあるだろうし、もうちょっと後で何とかするけども、とにかくこれで来なくなった(一通、手入力っぽいスパムが来たけども)。

function writeCommentBoxBegin( ScriptName ) {
    CommentBegin= '<form action="<MTCGIPath>' + ScriptName + '" method="post">';
    document.write(CommentBegin);
}

function writeCommentBoxEnd() {
    CommentEnd = '</form>';
    document.write(CommentEnd);
}

フォームをJavaScriptで挿入するように。

<script type="text/javascript">writeCommentBoxBegin( '<MTCommentScript>' );</script>

<script type="text/javascript">writeCommentBoxEnd();</script>

これが良い対策というわけじゃないけども、いいたいのは、あいつら(スパマー)JavaScriptはみてないな、ってことです。来るなら来いやー。

...もう、コメントとトラックバックは死んだな。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/811

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2014年4月20日 15:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PHPerのための Movable Type 講座が本になりました。」です。

次のブログ記事は「PHPerのための Movable Type 講座(その11)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6