(Xojo)MenuItemを配列にしたときのメニューハンドラでのメニュー判別

| コメント(0) | トラックバック(0)

Xojoネタを続けます。備忘録、忘れていたことの覚え書き、何でもいいや。

動的なメニュー、例えばスタイル付きテキストエディタやワープロのフォントメニューの例とかで、Tutorial & Developer's Guideに書いてあるんだけど(REALBasic3のを引っ張りだしてきたのだ)、肝心のメニューハンドラのコードが書いてない。メニューアイテムを配列にするには indexに 0 を指定する(以下のキャプチャのように)

メニューエディタ(メニューアイテムを配列に指定)

動的にメニューを追加するには、例えば以下のように。


Dim m As MenuItem
m = new MenuWindowProperties
m.Text = Foo
m.Tag = Bar
m.Visible = True
m.Enabled = True

で、具体的にメニューハンドラを書こうとして...

メニューハンドラの入力画面

普通は書いてあるじゃん。以下のような感じで...

コードエディタに引数と返り値の型が記述してある

答え : indexに選択されたメニューのindex(Integer)が入っているのでした。


MenuWindowProperties(index As Integer) As Boolean

と、なるべきだな。昔のコード引っ張りだして見つけたから良いようなものの...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/713

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2013年12月10日 19:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(Xojo)ListBoxからFinderにドロップしたDragItem.FolderItemのパスを得る」です。

次のブログ記事は「Windows Azure BlobストレージのMacOS X用クライアントを公開します。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6