PHPカンファレンス関西2013に参加しました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

1週間前ですが、PHPカンファレンス関西2013に参加してきました(まとめはこちら)。MTの話をPHPカンファレンスでって、なんでやねんと思われる方もいるかもですが、Movable TypeにはPHPフレームワークがちゃんとあって、僕もDynamicMTMLというフレームワークを書いていたり、WordPressのデータやCakePHPのデータをMTMLで扱えるプラグインなんかを書いているので、1コマいただいてその紹介をしてきました。
あと、懇親会のライトニングトークもしてきました。

次回は6月29日のMTCafe Saitama 2013でこのあたりの話をします。関東方面で興味ある方は是非ご参加ください。

PHPコミュニティ初参加

これまでMTコミュニティやWebアクセシビリティまわりのコミュニティ以外はあまり接点なくて、今年は関西.pmに参加したりしましたが、多言語パネルディスカッション聞いてても感じたのですが、PHPはPHPコミュニティの空気というか、ありますねやっぱり。去年WordCampに参加した時のあれなんかと比べるとやっぱり言語そのもののコミュニティということもあってレベルも高いし技術者目線だとこっちのほうが面白いですね。関西.pmはオール男子でしたが結構女性がLTにも参加していて層の広さを感じさせます。

CakePHPを「ケーキ」と呼んでツイッターで突っ込まれたり、PHPerを「ペチパー」と呼んでいるのね、そういうのはやっぱりネット越しではわからんものです。

実はもっともディープだったのはお金の話w

懇親会前の座談会的なものが面白かった。生々しいお金の話が飛び交う大阪の夕暮れ時、みたいな感じでした、てか、ほとんどの話題に口を出していたのは私ですw

Javaと比較してPHPどうよ、とか、大阪の景気どうよ、みたいな話がありましたが、当日話さなかったことでひとつ感じていたことですが、東京と大阪、0がひとつ違うな、と感じたのでした。それがどう、ということはないですが、やっぱり関西・大阪は地方なんだな...と。最近、地方のWeb制作がどうとかってお話とかちらほら耳にするけど、普通に東京の仕事取りにいく、ってのはありだと思います、てか、僕はそっちの感じです。

ちなみに、10月26日、CSS Niteでお金の話するらしいですw こちらも是非。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/705

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2013年6月 8日 10:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Backlogのサポートが素晴らしかった。」です。

次のブログ記事は「Movable Typeは開発者を巻き込めるか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6