6/19 Hack-A-Thon。

| コメント(0) | トラックバック(0)

各paramをmt:varに突っ込んでテンプレートを動的にbuildするcgi。

plugins/Viewer/tmpl/example.tmpl の場合、

mt-viewer.cgi?blog_id=1&template=example

mt-viewer.cgi?blog_id=1&template=example&id=1

とすることでid=1のページ(エントリ)アーカイブ的なものを作ったり。

テンプレートの中身を

<$mt:include module="$template" blog_id="$blog_id"$>

とかすることで各ブログ/ウェブサイトのモジュールをテンプレートとして使えるようになります。

詳細はまたいずれ。お疲れさまでしたー(今頃ビール飲んでるんやろな...)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/601

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2010年6月19日 18:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MTIncludeは遅いのか?」です。

次のブログ記事は「あなたのブログをAndroid対応させる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6