New CMSContextプラグイン(β)。

| コメント(2) | トラックバック(0)

MT::App::CMS(mt.cgi)のテンプレートファイル(tmpl以下、もしくはalt-tmpl以下の .tmplファイル)の中でMTタグを使えるうようにするプラグインCMSContextの新しいバージョン(β)を公開します。

コアなMTユーザーに評判? のプラグインをバージョンアップします(クレジットがウチの会社になってるんですが、とりあえずβということで先行してここで配布してみます)。ちなみに昨日No test, No document とか言ってTwitterに貼っていたやつはやっぱり(?)バグってました(今回のはざっとテストしましたすいません)。

改良点/追加された機能

  • テンプレートの複数箇所でタグが利用された時にキャッシュを使うことでDBへのアクセスを減らしました(これは昨年末の実装)。
  • 新たに「ユーザー情報の編集」画面でMT::Author系のタグを利用できるようになりました(CMSContextタグの中で)。
  • alt-tmplのパスを置き換えるのはそもそもCMSのContextとは別の話なので設定されていない場合はデフォルトのalt-tmplのままとしました。
  • alt-tmplのパスをシステムプラグイン設定及びブログ毎のプラグイン設定で設定出来るようにしました(ブログの設定があればそちらが優先されます)。
  • alt-tmplのパスをユーザーエージェント毎に指定できるようになりました。iPhone用の管理画面を作る、といった使い方が出来ます。
  • URLのパラメタをテンプレートのパラメタに自動的にセットするようにしました。mt.cgi?foo=bar とした場合、<mt:var name="cms:foo" escape="html"> といった形で取り出すことが出来ます。
  • ユーザーエージェント判別やその他いくつかのテンプレート・タグを追加しました。

要するにこれを使うとiPhone用MT管理画面とかが簡単に作れるようになります(誰か是非頑張ってくださいね)。あと...Nokiaは要らないよね? そうだよね?

テンプレートの例

alt-tmpl/cms/edit_entry.tmpl

<MTCMSContext>
    <MTEntryTitle escape="html">
</MTCMSContext>

<MTIfUserAgentIsiPhone>
    # Some Template for iPhone
</MTIfUserAgentIsiPhone>

設定画面

Safari003.jpg

タグ

タグはCMSのテンプレート中で利用できます。

ブロックタグ

MTCMSContextCMSのテンプレートの中でMTEntries等のタグを利用できるようになります。
MTIfUserCan現在のユーザーがpermissionモディファイア(例:can_post)で指定した権限を有している場合に真となります。
MTIfUserAgentIsiPhoneユーザーエージェントがiPhone/iPod Touchの場合に真となります。
MTIfUserAgentIsDoCoMoユーザーエージェントがDoCoMoの場合に真となります。
MTIfUserAgentIsAUユーザーエージェントがauの場合に真となります。
MTIfUserAgentIsSoftBankユーザーエージェントがSoftBankの場合に真となります。
MTIfUserAgentIsMobileユーザーエージェントがiPhone/iPod Touch/DoCoMo/au/SoftBankの場合に真となります。
MTIfUserAgentIsKeitaiユーザーエージェントがDoCoMo/au/SoftBankの場合に真となります(iPhone/iPod Touchの場合は偽)。

ファンクションタグ

MTUserAgent$app->get_header( 'User-Agent' );の値をそのまま出力します。

プラグインのダウンロード

ライセンス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/575

コメント(2)

いつもCMSContextプラグインにお世話になっております。
こちらのプラグインはMT6へ対応するご予定などございますでしょうか。MT6.02での環境では動作致しますが、PSGI環境ですとキャッシュが上手く更新されないのかブログ間でテンプレートの情報が引き継がれてしまうようです。

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2010年2月13日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[続]Movable Typeの不正ログイン対策。」です。

次のブログ記事は「MT5のBrand new APIと格闘してみた。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6