新規投稿も見たまんま編集画面で。

| コメント(1) | トラックバック(0)

ついカッとなって...ないですないです。どんだけ怒りっぽいのよヲイラ。

早速ですがToI企画さんがTinyMCEから画像をアップできるように改良したものを上げてくれました。組み合わせて使うと本気で使えるもんになります。ダウンロードと説明はToI企画さんのページにて。

で、ToI企画さんの改良版の方を触ろうかと思ってたんですが、ちょっと今後も色々拡張していきたい気分なので、当面このまま突っ走り(?)ます。

本日の改良は2点。

  • 新規ブログ記事投稿/新規ウェブページ投稿に対応
  • スタイルのカスタマイズ、概要/タグ/キーワード等のフィールドに対応

エントリー編集画面

カスタマイズはブログ毎のプラグイン設定画面にて(新規投稿用のリンクもこの画面にあります※ブックマークに登録して使うこと前提です)。

プラグイン設定

↑新規投稿のリンクはBookmarklet欄にある「=>New Entry」「=>New Page」の2つ。また、この画面の「Add Action-bar:」欄に入力したテンプレートが「送信」ボタンの直前に入ります。サンプルコードとして、エントリーのタグを追加するコードがデフォルトで入ってます。

<p style="margin-top:7px;">Tags :
<input style="width:90%;font-size:100%;font-weight:bold;border:1px solid #ddd"
type="text" name="tags"
value="<mt:entrytags glue=","><mt:tagname></mt:entrytags>"
/></p>

こんな感じで入力しておくと、以下のような感じでタグ欄が追加されます。

タグ入力欄

また、カスタマイズ用のテンプレートタグを一つ追加。見たまま投稿画面の時のみ出力されます。

<MTIfQuickEdit>〜</MTIfQuickEdit>

このタグを使うことによって、投稿画面だったらキーワードフィールドや概要フィールドを追加する(逆に出力された部分を隠すとか)等が可能になります。

Quickedit.zip(v0.3 - 540KB)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/4

コメント(1)

「QuickEdit」拝見いたしました。
素晴らしいプラグインですね!!

早速、インストールしてみたのですがやり方が悪いのかエラーが出てしまいました。。。

野田さんのムービーを見る限りでは正常に稼働しているので、僕の手順がおかしいのかもしれませんが、下記のようなエラーが出てしまいます。
(一応、他のバージョンでも試してみましたが出てしまいました。)

Can't locate object method "load" via package
"MT::Template" at /home/○○○○○/○○○○○/mt/plugins/Quickedit/Quickedit.pl line 190.

ラインの辺りはこちらなんですが、何かインストールの注意点等はございますでしょうか?

「my $tmplate = MT::Template->load ( { blog_id => $e->blog_id } , 」

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2009年6月30日 21:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(もうカッとなってないけど)WYSIWYGエディタも突っ込んでみた。」です。

次のブログ記事は「MT(みたままType)でリアルWYSIWYG(の続き)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6