アルファサード株式会社 代表取締役 野田 純生のブログ


MTでのエントリー一覧画面の拡張。


公開日 : 2008-11-03 23:18:58


久しぶりに書いたと思ったらMTネタ本日3発目!

CMSContextプラグインにentry_idモディファイアを渡すとそのIDのエントリーのctxがセットされるようにした。

<mt:cmscontext entry_id="$id">
<!--ここでエントリーの各種データを取り出せます。-->
</mt:cmscontext>

どんなところで使うの? (多分、こんな使い方する人殆どおらんと思うけど...思うんやけどね、ウチでは日常茶飯事なのです)

ブログ記事とかウェブページの一覧画面で、tmpl/cms/include/entry_table.tmpl(alt-tmplとかで代替テンプレートを指定して)のtrタグから/trタグを<mt:cmscontext entry_id="$id">〜</mt:cmscontext>で囲む。と、各エントリーのカスタムフィールド値とかがブログ記事とかウェブページの一覧画面で取り出せます。

MT::Entryを毎行ごとにロードしてるので無駄っちゃぁ無駄だけど、各行のctxに突っ込まれてないから仕方ない。

※ 例:一番右側の「東京」とか「大阪」ってのがカスタムフィールドの値を取り出してるところです。

拡張したエントリー一覧画面

カテゴリ


このブログを書いている人
野田純生の写真
野田 純生 (のだ すみお)

大阪府出身。ウェブアクセシビリティエバンジェリスト。 アルファサード株式会社の代表取締役社長であり、現役のプログラマ。経営理念は「テクノロジーによって顧客とパートナーに寄り添い、ウェブを良くする」。 プロフィール詳細へ

ページにルビを振る