MTFutureEntriesプラグイン。

| コメント(4) | トラックバック(0)

もう帰ろーよ、週末やし飲みに行こーよ〜

え、再構築時点から日付ベースで未来の5件のエントリーを取り出したいの? タスク実行して毎日更新するの?

3分待ってね。

これでどーよ。

えーっと、もう帰ろーよ、週末やし飲みに行こーぜ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/63

コメント(4)

 スケジュールの紹介ページを作成しております。ですので、「日付ベースで未来のx件のエントリーを取り出」す機能があれば、と念願しておりました。このプラグインの公開に大喜びいたしました。
 ただ。"lastn"属性の指定が固定5つではなく、エントリータグのように属性で数が指定できるように、さらに"category"属性の指定も可能になれば希望どうりの機能と表示ができるようになります。自分でプラグインの改作ができるスキルがありません。
 ですので、Junnamaさんの週末の憩いをさまたげない範囲でバージョンアップを図っていただけたらとお願いをいたします。

lastn属性は使えるようにしてあります。指定が無ければデフォルト5件ですが。
categoryは...使えませんが、検討します! 時間あんまりないのですが...

あと、ついでに。あまりスマートじゃないですが、SetVar(Block)を使うとカテゴリーの特定は出来ますよね。重くはなりますけど...

 即、アドバイスコメントありがとうございました。
「SetVar(Block)を使うとカテゴリーの特定は出来ます」はよく理解できませんが、とりあえず次のように記し、うまく表示できました。
 別のカテゴリーがあるとlastn数が正確には確定できませんが、それでとくに問題になるわけでもないので目的の機能が達成できました。
------------------------------
<div class="list01">《スケジュール》</div>
<MTFutureEntries lastn="8">
<MTIfCategory label="会議">
<$MTEntryTrackbackData$>
<$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
</MTIfCategory>
</MTFutureEntries>
------------------------------
 当初、プラグインタグの使用方もよく解らずに
<MTEntries>
<MTFutureEntries>
・・・・・・・
</MTFutureEntries>
</MTEntries>
などと記述してみたりする程度の水準でしたのでお手数をおかけしました。お忙しいところアドバイスをいただき本当に感謝いたします。

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2008年10月 4日 01:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「Web時代の受託」を考えよう。」です。

次のブログ記事は「MTEntryNumberByDayプラグイン。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6