モジュール管理によるメンテナンス性を損なわずにテンプレートをフラット化するFlatt(en?)ingTemplate。

| コメント(0) | トラックバック(0)

TemplateHammerプラグインというものがあって、これを使うとMT4で導入されたモジュール化されたデフォルトテンプレートをフラット化してくれる。

fujimotoさん的には↓ということですが僕の推測はちと違っていて、FastCGIやMemcachedが使えない環境で少しでも再構築の負荷を軽減するためにフラット化するってことなのかなぁと。

おそらく、SixApartに「モジュール化されたテンプレートは分かりにくい」という声が多く寄せられたのではないかと思われます。 そして、それにこたえるために、TemplateHammerプラグインが作られたのではないかと推測します。

* またこんなこと書くと「賢くキャッシュ使えよ」って怒られそうですが(^^;

えっと、話を戻してfujimotoさんの言う「分かりにくい」ってのは人によるみたいで、ウチの連中はもう慣れちゃったみたいで何だかうげぇ、こんなにIncludeが入れ子になっててこの案件のサーバーCPUがほら100%なってるのに...ってなことがあったので (かといって、フラット化しろっていうと口が尖るし...) 書いた。

* TemplateHammerプラグインがインストールされている必要があります。

利用方法について意識する必要は無い筈です。テンプレートを保存すると自動的にフラット化されますが、管理画面に表示されるソースはフラット化される前の状態(モジュール化された状態)のもので、編集もそのまま行えます。

また、テンプレートの「親子関係」を覚えておいて「子供」が更新されたら「親」テンプレートも再度フラット化し直すようになっています。

ダウンロード

ご利用は自己責任でお願いします。テンプレートのバックアップとってから利用してください。何かあっても責任持てないので。あとTemplateHammer プラグインのライセンスがGPLなので、このプラグインについても利用に制限は設けません。

Newプラグイン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/143

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年12月18日 01:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MT::ObjectこそがMTの本質であると勝手に思っている。」です。

次のブログ記事は「再構築なんてこわくない!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6