スパマーにCGI叩かれたら負けかなと思っている(2)。

| コメント(1) | トラックバック(0)

しばらくご無沙汰だったけど、来やがった。久しぶりに。でもって一旦来たら津波のよう(大げさ)に押し寄せるのがトラックバックスパム。

一通りの対策はしたつもりだけど...

JavaScriptでトラックバックURL生成するって方法もあるんでしょうが、JavaScript 前提ってのにどうしても踏み出せない性格なのです。

えーー、それではこんな手はどうだ。トラックバックURLにimg要素を挟んでしまう。

http://junnama.alfasado.net/mt/tr9ErXz.mt/22<img src="/spacer.gif" alt="" width="1" height="1" style="display:none" />28/mt4_2.html

ってな具合。

実際には

http://junnama.alfasado.net/mt/tr9ErXz.mt/2231/mt4_2.html

という感じで普通にブラウザからコピーできるし (IEでも出来るよね? 試してないけど) 、altは空だから音声読み上げでも普通に読めるし。

どうせならどの位置にimg要素を挿入するかランダムにしてまえってことで、MTのプラグインまで書いたぞ!


<$MTEntryTrackbackLink spam_uzeeeeeeeee="/spacer.gif"$>/<$MTEntryBasename$>.html

プラグイン名は Spam Uzeeeeeeeee!! です。MT3/4両対応の筈。MT3.3で確認しました。ad hocちゃぁそうですけど使ってみようと思う方はご自由にどうぞ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/160

コメント(1)

本来的な正しいHTMLの使い方ではないかもしれませんが、
そして誰に媚びているのか自分で把握できていませんが
(まぁ、おそらく自分です)、
トラックバックURLの表示を〈input〉で書いちゃっていますので
きっとどばっと表示されちゃいますね。
(そもそもinputタグをそんなコトに使うのが悪いかも)

は? display:none; なら大丈夫?

この手法が超メジャーになっちゃって、
うっかり次のアップデイトに採用されちゃったりしたら
pingURLから〈img〉タグをプログラム書く奴が出てくるでしょうから
〈img〉だったり〈span〉だったり〈div〉だったり、
おかしなタグをランダムにぶち込んでやるのは、難しいんですか?

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年10月12日 12:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プレビュー時に生成される一時ファイルを削除するプラググイン(MT4専用)。」です。

次のブログ記事は「MT3→MT4へタグやbasenameを引き継いで(インポート&エクスポートで)簡単に移行する方法。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6