プレビュー時に生成される一時ファイルを削除するプラググイン(MT4専用)。

| コメント(0) | トラックバック(0)

エントリーのプレビューを繰り返しているといつのまにかゴミがたまる?

MT4からエントリーのプレビューにテンプレートのデザインが適用されるようになった。「確認」ボタンをクリックすると一時的にプレビュー用のファイルを構築した後管理画面内の iframeで表示させるようになっている。

一時ファイルはエントリーを「保存」した際に削除される。

タスクを定期的に実行するように設定されている環境では、remove_temporary_files (Core.pm) というルーチンが定期的に実行されて、一時ファイルは削除される(のだと思う)。

ということは「タスクが定期的に実行されない環境」で、且つ「プレビュー時にボタンクリックで遷移しないでウィンドウを閉じてしまった場合(あるいはバックボタンをクリックしたり他のページへ移動してしまった場合とか、極端な話ブラウザがクラッシュしたとか等)」は、一時ファイルは残るということ。実際にそこそこのボリュームのサイト制作後にディレクトリの中を見ると、結構残ってる。使い方が悪い? って言えばそうなのかもしれないけど「一時ファイル残るかもしれないから気をつけろよ」ってのも何だか違う気がする。

利用方法

mt-config.cgi に以下の一行を入れてください(※FastCGI環境では動作しません)。


LaunchBackgroundTasks 1

プラグインディレクトリにTemporaryFileCleaner.plを入れると有効になります。

LaunchBackgroundTasks が有効な環境でないと動作しません (プレビュー時に3秒程待たされてから404ってなことになります)。

ダウンロード

Newプラグイン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/161

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年10月11日 20:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「検索? タグ? カテゴリー? 関連性, 体系付け。」です。

次のブログ記事は「スパマーにCGI叩かれたら負けかなと思っている(2)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6