アルファサード株式会社 代表取締役 野田 純生のブログ


プレビュー時に生成される一時ファイルを削除するプラググイン(MT4専用)。


公開日 : 2007-10-11 20:13:57


エントリーのプレビューを繰り返しているといつのまにかゴミがたまる?

MT4からエントリーのプレビューにテンプレートのデザインが適用されるようになった。「確認」ボタンをクリックすると一時的にプレビュー用のファイルを構築した後管理画面内の iframeで表示させるようになっている。

一時ファイルはエントリーを「保存」した際に削除される。

タスクを定期的に実行するように設定されている環境では、remove_temporary_files (Core.pm) というルーチンが定期的に実行されて、一時ファイルは削除される(のだと思う)。

ということは「タスクが定期的に実行されない環境」で、且つ「プレビュー時にボタンクリックで遷移しないでウィンドウを閉じてしまった場合(あるいはバックボタンをクリックしたり他のページへ移動してしまった場合とか、極端な話ブラウザがクラッシュしたとか等)」は、一時ファイルは残るということ。実際にそこそこのボリュームのサイト制作後にディレクトリの中を見ると、結構残ってる。使い方が悪い? って言えばそうなのかもしれないけど「一時ファイル残るかもしれないから気をつけろよ」ってのも何だか違う気がする。

利用方法

mt-config.cgi に以下の一行を入れてください(※FastCGI環境では動作しません)。


LaunchBackgroundTasks 1

プラグインディレクトリにTemporaryFileCleaner.plを入れると有効になります。

LaunchBackgroundTasks が有効な環境でないと動作しません (プレビュー時に3秒程待たされてから404ってなことになります)。

ダウンロード

Newプラグイン


このブログを書いている人
野田純生の写真
野田 純生 (のだ すみお)

大阪府出身。ウェブアクセシビリティエバンジェリスト。 アルファサード株式会社の代表取締役社長であり、現役のプログラマ。経営理念は「テクノロジーによって顧客とパートナーに寄り添い、ウェブを良くする」。 プロフィール詳細へ

ページにルビを振る