アルファサード株式会社 代表取締役 野田 純生のブログ


MT4でログインユーザー限定領域を設定するプラグイン。


公開日 : 2007-09-14 17:14:57


設置方法

前回のエントリーを参考にしてください。

  • htaccess又はhttpd.confでmod_alias又はエラードキュメントを設定する(ここは自動化されていません)
  • mt-confg.cgiに「CookiePath /」を追加(テストのためには一度ブラウザのクッキーを削除する必要あり)
  • プラグインの設置/設定→保存(設定項目は以下の通り)

SimpleAuth設定画面

プラグインの設定

  • ドキュメントルートのパス
  • Apacheでアクセスを制限する拡張子
  • 認証付きページにしたいディレクトリ(改行区切り)
  • Directoryへのアクセスの際に返すファイル(カンマ区切り)
  • 404エラーの時に表示させるファイルのパス

パスはいずれもフルパスで記述します。


制限事項/いけてないところ

すごく簡易的なものです。ムービーの通り画像等のアップロードしたファイルにも対応しています。但し、対応しているのはGIF/PNG/JPEGのみで、その他のフォーマットのファイルではContents-Typeヘッダが正しくセットされません。

また、MTのBootstrap.pm を利用したアプリではpragma no-cacheヘッダが付加されるのでクライアントキャッシュがうまくつかえませんし、大きなファイルを扱うことも考慮していません(Perlスクリプトを経由してファイルのデータが処理されるため、アクセスの多いページには不向きです)。あと、設定がちょっと面倒なところでしょうか。

場合によっては潔くダイナミックパブリッシングにしてそのプログラムの中での対応を考えた方が良いかもしれません。ただ「手っ取りばやく、画像等にもアクセス制限をかけたい」場合には使えると思います。

ご利用について

パブリックドメインとします。完全に無保証ですが利用に制限は設けません。

ダウンロード

Newプラグイン


このブログを書いている人
野田純生の写真
野田 純生 (のだ すみお)

大阪府出身。ウェブアクセシビリティエバンジェリスト。 アルファサード株式会社の代表取締役社長であり、現役のプログラマ。経営理念は「テクノロジーによって顧客とパートナーに寄り添い、ウェブを良くする」。 プロフィール詳細へ

ページにルビを振る