エントリーやカテゴリーの偶数奇数を判別するMovableType IfItemIsOddプラグイン。

| コメント(2) | トラックバック(1)

エントリーやカテゴリーの偶数奇数を判別するMovableType の条件タグ。

カテゴリーの1行ごとに色をつけた様子

元々はある案件用にカテゴリーを2段組のテーブルレイアウトで出力させる際に<tr>と</tr>を挿入する目的で作成したのだが、こんな風に1行おきに色を引くとかの用途にも使えるのでエントリーにも対応させて単独のプラグインとして公開。

カテゴリーとエントリーのループの中で使え、属性としてkey(ソートのキー), direction(降順/昇順,省略時はascend), toplevel(カテゴリーの場合、トップレベルカテゴリーかどうか) が指定できる。アイテムの数が偶数か奇数かを判別するための<MTIfItemCountIsOdd>〜</MTIfItemCountIsOdd>も用意したので、2段組みのテーブルの最後の行に「colspan="2"」を加える、なんてこともできるようになっている。

<li<MTIfItemIsOdd key="label"> class="odd"</MTIfItemIsOdd>><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><MTCategoryLabel></a></li>

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/399

最初にMTに触れてから1年強、自分で触り出してから半年くらい。僕には「アーミーナ... 続きを読む

コメント(2)


を、偶数処理させるための実際の利用方法を教えてください。

エントリにも書いた通り, タグ属性として、key(ソートのキー), direction(降順/照準,省略時はascend), toplevel(カテゴリーの場合、トップレベルカテゴリーかどうか) が指定できます。カテゴリの場合、デフォルトでlabel順、昇順なので普通はkey="label"として指定することになります。

<MTCategories><MTIfItemIsOdd key="label">奇数:<MTCategoryLabel><MTElse>偶数:<MTCategoryLabel></MTIfItemIsOdd>
</MTCategories>

エントリーの場合はいくつかの表示順指定ができるので、

<MTEntries sort_by="excerpt" sort_order="descend"><MTIfItemIsOdd key="excerpt" direction="descend">奇数:<$MTEntryTitle$><MTElse>偶数:<$MTEntryTitle$></MTIfItemIsOdd>
</MTEntries>

とします。

direction→ sort_orderにした方がわかりやすいですかね...

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年4月 4日 20:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本社会で起業するために実は必要でないもの, あるいは邪魔なもの。」です。

次のブログ記事は「MovableType, 再構築の高速化(<$MTInclude file...$>とBackground Rebuilder Plugin)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6