MT::Objectのサブクラスの作成。

| コメント(0) | トラックバック(0)

なるほど...ね。

Movable Type オブジェクト・リファレンス>MT::Object

例えばMySQLで

==
CREATE TABLE `mt_example` (
  `example_id` int(11) NOT NULL auto_increment,
  `example_name` varchar(255) default NULL,
  `example_email` varchar(255) default NULL,
  `example_fst_name` varchar(255) default NULL,
  `example_lst_name` varchar(255) default NULL,
  `example_fst_kana` varchar(255) default NULL,
  `example_lst_kana` varchar(255) default NULL,
  `example_token` varchar(255) default NULL,
  `example_created` int(11) default NULL,
  `example_password` varchar(44) default NULL,
  `example_hint` varchar(44) default NULL,
  `example_status` smallint(6) default NULL,
  PRIMARY KEY  (`example_id`),
  KEY `example_name` (`example_name`),
  KEY `example_email` (`example_email`),
  KEY `example_token` (`example_token`)
) TYPE=MyISAM AUTO_INCREMENT=1;

として、次に「Example .pm」をつくり、MT/libに置く。

==
package MT::Example;
use strict;

use MT::Object;
@MT::Example::ISA = qw( MT::Object );
__PACKAGE__->install_properties({
    columns => ['id', 'name', 'email', 'fst_name',
    				'lst_name', 'fst_kana', 'lst_kana',
    				'token', 'created', 'password',
    				'hint', 'status'],
    indexes => {
        id => 1,
        name => 1,
        email => 1,
        created => 1,
        token => 1,
    },
    datasource => 'example',
});
==

これで後はMT作法でアクセスできる。

「フォームから仮登録、メール送信、URLクリックで本登録」みたいな処理のためにやってみた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/416

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年3月 6日 03:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生産性向上を阻んでいるのは能力ではなくて「壁」。」です。

次のブログ記事は「Web2.0でもITベンチャーでも何でもいいけどさ、もう少しレベル上げろよ(3)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6