アルファサード株式会社 代表取締役 野田 純生のブログ


MT::Objectのサブクラスの作成。


公開日 : 2007-03-06 03:12:02


なるほど...ね。

Movable Type オブジェクト・リファレンス>MT::Object

例えばMySQLで

==
CREATE TABLE `mt_example` (
  `example_id` int(11) NOT NULL auto_increment,
  `example_name` varchar(255) default NULL,
  `example_email` varchar(255) default NULL,
  `example_fst_name` varchar(255) default NULL,
  `example_lst_name` varchar(255) default NULL,
  `example_fst_kana` varchar(255) default NULL,
  `example_lst_kana` varchar(255) default NULL,
  `example_token` varchar(255) default NULL,
  `example_created` int(11) default NULL,
  `example_password` varchar(44) default NULL,
  `example_hint` varchar(44) default NULL,
  `example_status` smallint(6) default NULL,
  PRIMARY KEY  (`example_id`),
  KEY `example_name` (`example_name`),
  KEY `example_email` (`example_email`),
  KEY `example_token` (`example_token`)
) TYPE=MyISAM AUTO_INCREMENT=1;

として、次に「Example .pm」をつくり、MT/libに置く。

==
package MT::Example;
use strict;

use MT::Object;
@MT::Example::ISA = qw( MT::Object );
__PACKAGE__->install_properties({
    columns => ['id', 'name', 'email', 'fst_name',
    				'lst_name', 'fst_kana', 'lst_kana',
    				'token', 'created', 'password',
    				'hint', 'status'],
    indexes => {
        id => 1,
        name => 1,
        email => 1,
        created => 1,
        token => 1,
    },
    datasource => 'example',
});
==

これで後はMT作法でアクセスできる。

「フォームから仮登録、メール送信、URLクリックで本登録」みたいな処理のためにやってみた。

カテゴリ


このブログを書いている人
野田純生の写真
野田 純生 (のだ すみお)

大阪府出身。ウェブアクセシビリティエバンジェリスト。 アルファサード株式会社の代表取締役社長であり、現役のプログラマ。経営理念は「テクノロジーによって顧客とパートナーに寄り添い、ウェブを良くする」。 プロフィール詳細へ

ページにルビを振る