「強い会社」を目指す。

| コメント(0) | トラックバック(0)

メモ程度の内容だが、ちょっと仕事(会社)について考えているところを書く。

売上が年々増えて行き、人数も増え規模も大きくなっていくことを目指すのではなく、規模は必要以上に大きくせずあらゆる面で実力・効率を向上させることを目指す。
そのためには「品質のさらなる向上とワークフローの改善、人材育成」がその"キモ"になる。

ビジュアル表現のクリエイティブ、Webアクセシビリティ、Web標準等当初からこだわって来たクオリティのコア部分について全員が同じ目線を持ち、同一レベルのクオリティ基準について意識を共有することが大切。新しいスタッフもいるので、まずはここを普段の仕事や教育を通じて取り組む。

当社は「受託制作」中心であるため、会社が大きくなり人数が増えポジションがあがり、職域や責任が増えて給料も増えるという流れをつくるのでなければ(あくまでも「良いものを創る現場に居続けたい」のであれば)、選択肢は多くない。

  • クオリティレベルを上げて顧客の評価を向上させ、相応しい報償を得る(対価を上げていく)
  • 難易度が高いあるいは専門的領域であり付加価値の高い仕事にシフトしていく
  • ワークフローの改良と技術力の向上により生産性をあげる

これまでにも設立当初から実績を積み重ねて来た電子展示会(ギャラリー、デジタルアーカイブ関連制作案件)の制作ノウハウ化、MovableTypeをベースにした高機能CMSの開発、大学等の教育機関向けのWebシステムの開発等を進めて来た。教育・各自のスキルアップについても積極的に進めていると思う。そしてチームプレーによって各自が自身のスキル以上のものを他人の力を借りながらつくりあげていく姿勢・制作スタイルを今後も徹底していく。

もちろん小さいとはいってもある程度の規模は必要だし(むしろ去年より少し人数が減った)もう少し人手が欲しいのは事実だが、規模は殆ど変わっていないものの事実数字は伸びているし、もっと「強い」会社を目指して今後も走って行きたいと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/420

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年2月22日 20:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2001年の僕を見つけた。」です。

次のブログ記事は「こんにちは! Macです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6