偽サイトへは“偽”の画像を送信して「気休めに」。

| コメント(0) | トラックバック(0)

「偽サイトへは“偽”の画像を送信してフィッシング対策に」,F-Secure
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060417/235421/

フィンランドF-Secureは現地時間4月16日,企業などが比較的容易に施せるフィッシング対策の一つを紹介した。自社サイトの画像ファイルだけにアクセスするようなWebサイトに対しては,本物の画像の代わりに,注意を呼びかけるような画像を送信することがフィッシング対策になるという

こんなことが本当に対策になると思っているのだとしたらオメデタイ。

今回紹介された対処法は,画像ファイルをコピーされて偽サイトに置かれている場合には効果がない。しかしながら,多くのフィッシング・サイトでは,本物のサイトに置かれた画像ファイルに直接リンクを張っているのが現状であるという。

あたりまえである。現状がそうであるのは、そういう対策がとられていないからではなく、ラクだからである。「攻撃者が画像をダウンロードすれば終わり」って、これを「対策」と呼ぶのだろうか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/467

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2006年4月18日 15:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「節税2.0。」です。

次のブログ記事は「職人2.0。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6