アルファサード株式会社 代表取締役 野田 純生のブログ


Google AdSense、最適化されないコンテンツ。


公開日 : 2006-02-12 12:08:00


先月後半から Google AdSense、今月から Amazon アソシエイト をはじめてみた。 過度な期待というか、これで食える程のトラフィックを稼げているとは全然思っていないのだが、実際どんなもんなんだろう、ってのを把握してみたいと思ったからだ。 これから、Webサービスをか色んなことをやってみたいと思っているので、そのための下準備というところだ。 Amazonはともかく、Google AdSense の場合は、広告は自動的にセレクトされて表示されるのだが、今一つキーワードがBlogの記事にマッチしていないように感じている。 理由はなんとなくわかっている。「最適化」されていないからだ。 だいたいが「Junnama Online」というタイトルからしてそうだ。本気でやるんだったら、タイトル、記事の内容も含めて、テーマを1つに絞り、エントリーも一貫したテーマ、タイトルにするべきだ。つまりはSEOと同じ考え方で、コンテンツとキーワードの関連性を広告配信に活かしている Google AdSense であればなおのこと、テーマが一貫していないことが「どの広告を配信すればよいのだ?」と機械を迷わせてしまっているのだ。 雜文・駄文の集まりのようなBlogであり、スタイルを変えるつもりはないけれど、広告の内容がBlogやサイトの内容とマッチすることでどんな変化があるのかももうちょっと把握してみたい。 と、いうことで、いつもは「ネタ」の面白さ? 優先のタイトルであり内容だったのだが、タイトルに Google AdSense も入れてみたし、記事の中にも Google AdSense の単語? を含めている。 不自然で意図的な内容になると、SPAM 扱いされるから、あくまでもエントリーの主題に沿った自然な文章として、ね。 「記事を読んでる人に邪魔にならないように」ということもあるけど、今回は思いっきり Amazon の方を目立たせてみます... →Google AdSense
    https://www.google.com/adsense/

タグ
SEO


このブログを書いている人
野田純生の写真
野田 純生 (のだ すみお)

大阪府出身。ウェブアクセシビリティエバンジェリスト。 アルファサード株式会社の代表取締役社長であり、現役のプログラマ。経営理念は「テクノロジーによって顧客とパートナーに寄り添い、ウェブを良くする」。 プロフィール詳細へ

ページにルビを振る