誰がドアを閉めるのか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

JR西日本で前から気になっていたことがあって。

以前は「ドアが閉ります。ご注意ください。」

だったのだが、最近は「ドアを、閉めます!」というのですね。例えば環状線で。

僕は、後者の方が気に入っていた。だって、閉めるのはあなたなのだから、責任を持って私がドアを閉めます、っていってもらったほうが潔いと思っていたのです。

ただ、それが単に列車の遅れだけを気にしていたアナウンスだとしたら...
そんなところに真実があるとしたら、気付かなかった僕は馬鹿野郎ですね。

ごめんなさい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/512

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2005年5月 6日 00:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SOHOからベンチャーへ。」です。

次のブログ記事は「サイト運用の危機管理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6