文系と理系の狭間でWebデザインについて考える。

| コメント(0) | トラックバック(0)

僕は文系人間である。

プログラミングなんかもするんだけど、大学受験の時の第一志望は実は文学部だった(結局行ったのは経営学部だけど)。

そんな僕が、今、WebデザインやWebアクセシビリティについて語っていたりする。

Webページにビジュアルを入れる時、何のためにそのビジュアルを入れるのかを考えれば、ALTテキストは自然に浮かんでくる。考えないでビジュアルを適当に配置しているのであれば、ALTテキストは難しい。

これは、理に叶ったデザインをしたいという点で、理系の発想に近いのだと思う。

ただ、その時、ALTテキストにどんなテキストを入れるかについては、文系的なセンスが問われる。コピーライティング的なものだね。

結局は、ユーザーの姿を想定して、ユーザーに対してメッセージを発信しているという意識が必要である。視覚的なデザインだって、結局はそこが起点にならなければ理に叶ったデザインなんてできないと思う。

もっと考えながら仕事をしようよ、Webデザイナーのみなさん。僕も、考えるからさ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/518

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2005年1月 8日 02:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2004年。」です。

次のブログ記事は「DreamWeaverからちょっと離れてみない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6