Webサービスのセキュリティ対策とフィッシング詐欺対策は、実は全然違う問題なのだ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

ついに、日本にもフィッシング大流行の兆しが現れたと言えるだろう。この一週間でもこれだけ出てきたのだ。そろそろ日本のWebサービスでも、このあたりのことを意識する必要が出てきたと言える。

「フィッシング」は「人を騙す」ことが基本だから、システムに欠陥があろうが無かろうが関係無い。欠陥が無くたって攻撃されることがある。

対策は、顧客とのリレーションの強化しかない。
繰り返しになるが、今こそ「信頼されるWebサービスとは何か?」について考える必要があると思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/530

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2004年11月 9日 00:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今こそWebサイトに信頼性(Reliability)の視点を。」です。

次のブログ記事は「WEBセキュリティの社会的要素。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6