コピーライター

| コメント(0) | トラックバック(3)

最近、コピーを書くことが増えている。みなさまご存じ (?) の通り、私はコピーライターではないのだけれど。媒体はWebに限られる。Web屋だから当然だ。

昔、もう10年以上前のことだが、コピーを書いていたことがある。
主にラジオで読まれるパブリシティ等の原稿、オンラインショッピングの商品紹介 (これもラジオ) 、カタログ通販の商品紹介、等。その後映像関係の仕事をしたときには、販促ビデオパッケージのシナリオを書いたりした。
その後、販促物や広報物の制作をするようになり、主にコピーはコピーライターに頼むようになったが、それでも少しは書いていたりした。

といっても“コピーライター”だったわけではない。昔、あるライターが「私、コピーライターです、と言った日からコピーライター。つまりどうやったらなれるか、ではなく、言い切ったその日からコピーライターなんだ。資格なんて要らないわけだし。それで食えるかどうかは別問題」と言っていたが、私は言い切らなかったわけだ。

何でこんなことを思い出したかというと、先日、ある仕事の件で、数人のコピーライターの方とお会いしたのだ。「こんなコピー、書けますか? 予算はいくらなんですけど...」という、お願いする立場として。

で、人によって反応がすごく違ったので何となくコピーライターってどんな人たちなんだろう? みたいな気持ちになったのだ。
# もちろん、ごく狭い範囲の話ですが。

その話はともかく、最近思うことなのだが、コピーライターにとっての「Webのコピーライティング」とは何なのだろう。ライティングといっても、もちろん印刷物からラジオ、映像、Webに至るまで様々な媒体があり、さまざまなカテゴリがある。印刷物にしても、キャッチコピー“一発モノ”といわゆる編集モノとではやっぱり違う。

面白かったのは、雑誌「編集会議」が、今や結構Webにシフトしているのだ。
タイトルからして「Web&Publishing 編集会議」、特集記事では「編集者にとってのblog」とか書いてある。私はてっきり(編集者やライターの人たちは)「Webは印刷物より“格下”」みたいに思っているんじゃないか、なんて思っていたのだが、そうでもなさそうだ。ギャラはともかくとして、市場としては結構あるのではないかと思っている。私は、優秀なコピーライターはWebプロジェクトのキーを握ると思っているので、コピーライターの人にはもっとWebを勉強して欲しいと思う。

Webのコピーライティングにはやっぱり媒体にあわせた特性があって、これを踏まえて書ける人が求められている、というか私は求めている。

近々、あるところでWebデザインについて話すので、Webの色々な分野についてまとめていたのだが、Webコピーライティングの心構えというか、ポイントを書くと、以下のようになる (既に色々なところで書かれていることである)。

  • 簡潔に書く
    • コンピュータの画面上では読みにくい
    • 「紙の半分」の心構えで書く
  • 流し読みしやすくする
    • ユーザーはまず「ざっと」読む
    • 見出しや箇条書きを多様して、すべて読まなくても内容が把握できるようにする
  • 直感的に把握できる文章にする
    • 見出しコピーはそのまま別のページではリンクテキスト(ボタンの文字)になる
    • 情緒的な文章や比喩を用いたキャッチコピーを書かない
  • 複数の言い方がある用語はユーザーが検索する言葉で書く
    • 必要以上に、また意味のない英語表現をやたら用いない
    • 検索されやすい単語を使う

コピーを書く前には、今一度読み返してみよう。

# まず、「簡潔に書く」... あ!オレの文章、長い! (以下略)

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/539

WEBライター流転記 - コピーライター (2004年9月10日 15:19)

そうそう。 WEBライティングとは何か を説明するのに、 わかりやすい例として、 「キャッチコピーのようなもの」 ということがある 続きを読む

WEBライティングとは何か WEBライティングについて。 WEBライティングとは... 続きを読む

WEBライティングとは何か WEBライティングについて。 WEBライティングとは... 続きを読む

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2004年9月 7日 19:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みんなで野球を見に行こう」です。

次のブログ記事は「ハプニング。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6