MT管理画面のカスタマイズ( メニュー / ウィジェット編 )

| コメント(0) | トラックバック(0)

CSS調整したりJQueryでゴニョゴニョしてもいいのですが、基本的にはプラグインを書きます。とはいっても、メニューやウィジェットの表示非表示程度なら、config.yamlだけ用意すればそれで実現できます。メニューについては別に権限外せば出ないですし、ウィジェットは×クリックで消せばいいんですけどね。

この手のは今までさんっざん書いてると思うけど、そういう問い合わせがあったので。

mt/plugins/MyPlugin/config.yaml

ウェブページの一覧をメニューから削除する

メニューのIDを指定し、displayを0にする。メニューのIDは /lib/MT/App/CMS.pm で定義してあります。

applications:
    cms:
        menus:
            page:manage:
                display: 0

Movable Typeニュースをシステム管理者以外には非表示にする

プラグインのほうがコアモジュールより後に初期化されるから、要するに config.yaml で上書きすれば良いです。ウィジェットのIDも /lib/MT/App/CMS.pm で定義してあります。

widgets:
    mt_news:
        label: Movable Type News
        template: widget/mt_news.tmpl
        singular: 1
        set: sidebar
        handler: $Core::MT::CMS::Dashboard::mt_news_widget
        view: user
        condition: sub { return MT->instance()->user->is_superuser }
        order:
            user: 500

はい、以上。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/887

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2014年7月25日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HTML TidyをWebサービスにしてみた。」です。

次のブログ記事は「小さなものでもいいから、ではなくてむしろ、小さなものをきちんとリリースする習慣をつけようぜ、という話し。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6