命題とか対偶とか。

| コメント(0) | トラックバック(0)

エンゼルバンク(ドラゴン桜外伝)週間モーニング@N700系で大阪向かう道中にて。

この問題を簡単に解ければあなたには経営者として成功する資質が備わっています。

と桜木が問うたところで待て! 次号となった。

問題!

そう言われればやってみなくてはなるまい!

  • カードの片面に数字、もう片面にローマ字が書いてある
  • カードの片面にローマ字の母音が書いてあれば、その裏面の数字は偶数である

上記のルールが成立するかどうかを確かめるには、最小限どのカードをめくらないといけないか?

  • A→裏が偶数(真) or 裏が奇数(偽)
  • K→どちらでも(真=偽ではない)
  • 4→どちらでも(真=偽ではない)
  • 5→裏が母音(偽) or 裏が子音(真)

ということで「A」と「5」をめくる(あってますか!?)。

ついでにどっちを先にめくるかを考えてみよう。

  • A→偶数=真 (50%) or 奇数=偽 (50%)
  • 5→子音=真 (約80%) or 母音=偽 (約20%)

ということで確率論を考えたら「A」→「5」の順番でめくる(僕ならば!)。

※間違うと世界にバカを晒すことになるなぁ...正解は来週木曜日の「週間モーニング」を待て!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2009年5月22日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紙がなくなるかどうかはドラえもんに聞いてみれば良い。」です。

次のブログ記事は「携帯電話から使うMTベースのTwitter風マイクロブログ(2)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6