再構築なんてこわくない(2)!

| コメント(0) | トラックバック(0)

車輪の再発明ってことは分かってるんだけど、受託の仕事してると目の前の顧客案件の課題をクリアしないといけないんだよ。先のエントリーの書き方は何だか申し訳なかったのでごめんなさい。MT4は再構築やスピードアップに関して様々な手段を提供しています。

だけど情報不足だったり環境によってうまく動作しない場合もある。もっときびきび動いて欲しいというニーズは確かにあるのです。

まずは新たなバージョンのダウンロードは以下

任意のタイミングで再構築したいていう要求はやっぱり出て来たし、実装の方針は固まっていたのでやってみた。

プラグインの設定画面

Backgroundプロセスが使える環境ならタスクをそのまま実行してしまえばいいわけだが、そうでない環境(今回の案件のような場合)では何らかの手段を提供しないといけないし、そのためのインターフェイスを実装してみた。

メニュー:静的再構築

静的再構築の実行中

fileinfoテーブルと実際にファイルが吐き出されているかどうかを比較して、ファイルが存在しなかったらファイル生成。

設定はなんだか想像つくと思いますが、今はゆとりが無いのでコードとキャプチャのみ晒しておきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/141

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年12月23日 03:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「再構築なんてこわくない!」です。

次のブログ記事は「RebuildAt1stView(PHP版)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6