こんなに脆弱な基盤の上で。

| コメント(0) | トラックバック(0)

【CRYPTO-GRAM日本語版】Internet Explorerはヤバイ らしい。

2004年の1年間Internet Explorer(IE),Firefox,Operaという3種類のWebブラウザを追跡調査し,「危険であると知られていた(known unsafe)」日数を数えた。ここでの「危険であると知られていた」の定義は,「遠隔地から悪用される可能性のあるセキュリティ・ホールが公表されたにもかかわらず,修正パッチが提供されていない状態」である。

IEは98%が危険日。パッチ未提供の公開済みセキュリティ・ホールが存在しなかったのは,年のうちわずか7日。 Firefoxの危険日数は15%、Operaの危険日数は17%ということらしい。

信憑性があるのかとうかわからないが、年のうち7日ってのは酷い。

こんなものを「便利だ」とかいって使っているわけだ。

Webサイトはいつまでもβ版ってな感じで、それでもビジネスは成立しているわけだが、Webブラウザだっていつだってβ版だ(これがセキュリティに関わることだからなおたちが悪い)。こんな脆弱な基盤の上で買い物や商売をしているってことは、きちんと認識しておくべきだと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/496

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2006年2月 5日 13:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「零細企業の社長のキモチ。」です。

次のブログ記事は「書かれている内容が実践できていないWebコンテンツはとても恥ずかしい。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6