タグを利用して関連エントリーの自動表示(続き)。

| コメント(0) | トラックバック(0)

続きです(当日のデモで関連付けがうまくいかなかったのが余程悔しかったのだろう...)。

この方法で出来ないのは、エントリーに対するタグの重み付けなんですね。例えば上記エントリーには「MTDDC」というタグが最も重みが付けられるべきで、そうなれば確実に当日も失敗? しなかったわけです。ところが現状の方法では単語の出現回数なんかでの重み付けがなされないのです。

これについてはMT::ObjectTagオブジェクトを拡張してタグの重み付けを付けるという方法なんかが考えられますが(出現回数なんかでスコアを付ける)、興味のある方はトライしてみても面白いんじゃないでしょうか。

と書いてみたものの...というか「興味のある方=俺」なので取り敢えずMT::ObjectTagに「score」というカラムを追加して出現回数を保存するようにしてみた。

scoreを追加したobjecttagテーブル

今回はここまででRelatedEntryを取り出すほうはまだなんだけどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/573

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2010年2月11日 18:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「システムメニューに「サイトを表示」ボタンを追加する。」です。

次のブログ記事は「[続]Movable Typeの不正ログイン対策。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6