アルファサード株式会社 代表取締役 野田 純生のブログ


「世の中に向けてメールを1通書く」くらいの感覚で気軽にブログを書いてみたら?


公開日 : 2008-05-05 12:07:40


GW脳? なのであんまり真面目に考えていないけど。

ウチのスタッフに良く「ブログを書けよ」っていうんだけど書いてるのは数人。

「書くこと無いですよ」とか「書く時間無いんですよ」とか言うし。

ひとつはコスト(書く労力) の問題。これは改善すれば宜しい。それが我々の仕事でもあるんだから、現在のブログシステムにブログを書くコストが馬鹿にならないのだとしたら考えればいいのだ。

もうひとつは「書く意味」と「テーマ」の問題。書く意味はつまりアウトプットの意味なんだけど、これが見つけられず意味を見いだせないのもちょっと違うかなぁ、職業的にさ。

ウチの会社のクライアントはすべてアウトプットの意味を考えに考えて発注してくるんだし、個人と会社と仕事とは違うってのもそりゃそうかもしれんが、たまにはそのあたり真面目に考えてみるといいと思うな。

あと、携帯もそうだ。ウェブの制作者である前に、やはり何かを買う立場とかウェブやテクノロジーやユーザーが触れるものの立場に立つことを忘れてはいかんと思う。

で、タイトルのことだけど、ふと思った。

ブログにエントリーポストするインターフェイスもそうなんだけど、例えば毎日ブログを書くということを「一日の終わりに世の中に向けてメールを1通書く。」くらいの感覚にして書いてみて、それでどんな変化が自分の周りと自分自身に起こるのか、っていう体験を観察する、くらいの軽い感覚でやってみてはどうだろう。

メールの何通かくらいは毎日書くだろうし、メール一通書くのにそんなにエネルギー割かないよね。

ということで、↓これでも仕込んで、

この程度でも構わないので↓書いてみたら? (あ、まだベータのままだった。入れ替えないと)

カテゴリ


このブログを書いている人
野田純生の写真
野田 純生 (のだ すみお)

大阪府出身。ウェブアクセシビリティエバンジェリスト。 アルファサード株式会社の代表取締役社長であり、現役のプログラマ。経営理念は「テクノロジーによって顧客とパートナーに寄り添い、ウェブを良くする」。 プロフィール詳細へ

ページにルビを振る