もしかしてMovable Type?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダイナミック VS スタティック はたまた「ハイブリッド」

ここ数日MTのダイナミックパブリッシングの拡張が面白いなということであれこれやっています。

ダイナミックパブリッシングかスタティックかあるいはハイブリッドかっていう論争? で良く出るのが再構築の負荷の話なわけですが、一方でダイナミックにはダイナミックに適した活用法ってのがある筈です。

例えば、今作っているのがサイト内検索。カテゴリーでの絞り込みや検索条件指定なんかが詳細に出来ます(こういうものはやはりスタティックでは不可能ですし、ダイナミックならではでしょう)。

作成している途中でふと思い立って作ってみました。やりたかったのはこんな処理です。

類似のアイテムを表示させる例

とりあえず公開するのは分岐のところだけなので、何に使えるかわかりませんが、パラメタを付けることでページの分割をしたりする用途何かには使えるのではないでしょうか? (良い活用方法があったら教えてください)。

利用方法


<MTIfMatchParam name="query" value="MT">
  MTに部分一致
</MTIfMatchParam>
<MTIfParamEqual name="query" value="MT">
  MTに完全一致
</MTIfParamEqual>

これで、該当のページにアクセスする際に foo.html?query=MT とかでアクセスすることで分岐可能になります。別にqueryでなくても何でも構いません。

MT3系の場合はmtフォルダ以下のphp/pluginsフォルダに放り込んでください。MT4の場合はファイル名を全て小文字にして、plugins/IfParam/php以下にプラグインを設置すれば使えると思います。当然ですがダイナミックパブリッシング専用です。

ダウンロード

Newプラグイン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/167

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2007年10月 6日 16:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「検索結果のフィード配信とタグ検索機能実装してみた。」です。

次のブログ記事は「検索は男のロマン!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6