2006年10月アーカイブ

MT plugin Jaccessibility (β).

| コメント(2) | トラックバック(1)

10月30日23時追記:アーカイブに不具合がありました。
修正分をアップ済みです。

プラグイン作りました。お勉強がてら? くらいのレベルなのでテスト協力いただけると嬉しいです。

多分? UTF-8 でスタティックなファイルベースで運用している環境であれば問題なく動作すると思います。MT3.3限定です。

ダウンロードはこちら↓。MTの plugins フォルダに放り込めば使える筈です。

MT Plugin Jaccessibility

何が出来るの?

  • ファイルアップロード時に画像のalt属性を指定できるようになります。 (画像参照 > MTデフォルトだとaltにはファイル名入るんよね)
  • アップロードしたファイルを編集中のエントリに埋め込めるようになります。
  • エントリをW3C Markup Validation Service/Another HTML-lint で文法チェックできるようになります。
  • 以下の設定ルールに従ってテキストや見栄えを変更することができます。
    • jaccessibility="1"=>通貨の書式を変換する(円,ドル,ユーロ)
    • jaccessibility="2"=>スペースによる日本語文章の分割をしない
    • jaccessibility="3"=>日付・時刻の書式を変換する (年,月,日形式)
    • jaccessibility="4"=>マウス依存のイベントをキーボードでも操作可能にする (つまり、onmouseover 等には onfocus等 を強制的に加える、っつーもの)
    • jaccessibility="5"=>文字を大きくする (200%)
    • jaccessibility="6"=>ハイコントラスト表示 (背景黒、文字を白) にする jaccessibility="0"=>1〜4の設定を有効にする
    • 属性はカンマ区切りで複数指定できます。全てを有効にするには例えば () とします。

5,6 はおまけみたいなもんです。MTのテンプレート触れるなら直接CSS書いた方が早いですしね。

名前からすると「アップロードしたファイルを編集中のエントリに埋め込めるようになります」ってのもおまけですが、自分としてはこれが結構便利かなと思ってます。

ちなみに、管理画面いぢくりまくっててますが、BigPAPI入ってても動きます (ってことで、MT3.2対応も可能かな?) 。

以下、メモ。

Transfomer プラグイン書いていて BigPAPI とのコンフリクトが気になっていたのですが、
MT->add_callback('MT::AppTemplateSource は BigPAPI と衝突するんですが、
MT->add_callback('MT::App::CMS::AppTemplateOutput は衝突しない

ということで、基本 AppTemplateOutput に対して置換をかけています。

つまり、MT->add_callback('bigpapi::template::...に置き換えればMT3.2+BigPAPIでも動くかも?

キャプチャ1 - alt属性入力 キャプチャ2 - 編集中エントリへの画像の貼付け キャプチャ3 - エントリの出力結果 キャプチャ4 -文法チェッカ

Facebook

Twitter

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6