徳川幕府2.0。

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近「幕末モノ」というか近代日本史関連の読み物を良く読むのだが、割とライトな一册をご紹介。

『目からウロコの幕末維新』山村 竜也 (著)

ペリーがやってきて揺らいだ徳川幕府。老中 阿部正弘のとった策は

諸大名や藩士、幕臣たちにアメリカからの国書を回覧し、開国要求に対する意見を広く募る

であった。

知らなかった。

これぞ徳川幕府2.0(?)。700を超える意見が集まったらしいが「物売りのふりして船に上がり込み、酒呑ませて酔わせてまずは日本人同士で喧嘩して、どさくさにまぎれて...」みたいな意見もあったらしい。

まぁ、そんな意見はともかく「意見を募る」ことが幕府の力のなさを露呈してしていることは明らかで、このあたりから一気に「激動の幕末」が加速していくわけである。

日本史を専門的に勉強したわけでもないけれど、やっぱりこの時代は面白いなぁと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/486

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2006年3月11日 15:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スティーブ・ジョブズ-偶像復活」です。

次のブログ記事は「1時間の仕事を20分で終わらせる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6