ライブドアは東証にシステムを売りに行ったらどうだ?

| コメント(4) | トラックバック(0)

ライブドア、ホリエモン、色々感じるところはあるけれど。

エッヂの頃から存在は知っていた。当時のエッヂと今のうちは、やっていることは基本的には変わらない (時期は違うけどね) 。

BtoB、受託の仕事をやっていると、しんどいと思う時がある。サイトが金を産んでくれれば...という思いでポータルをやった気持ちはすごくわかる。

問題は「軸足はどこか」「本業はどこか」「企業理念は何か」というところをおろそかにして「金」に走ってしまったことだと思う。

M&Aにしても、最初はコンテンツプロバイダーを買っていた印象がある。

ただ、ひょっとしたら、究極のコンテンツを手に入れるための資金を得るための博打だったのかもしれない、と考えられなくもない。近鉄やフジテレビが目的だとして、これらは「コンテンツ」なわけで、本業と外れているわけではない。ただ、そのために必要な金の桁が高すぎる。で、そのための資金を得るために色々やっているうちに、感覚が狂ってしまい、方向も見失ってしまった...

M&Aについて言えば、本業、事業コンセプト、軸足が「ポータル」であるのであれば、一貫して(こっちの方が速い、とかではなく)「本業とのシナジー」だけを考えて企業買収していればよかったのではないかと。

ターボLinuxはインフラ、バガボンドはコンテンツ、これらはすべてポータルという事業のためのM&Aだと考えれば全然理に叶っているわけで。

僕が最初に違和感を感じたのは、社名を「Livedoor」に変えた時だ。自分の会社の名前をそんなに簡単に変えられるものなんだ、というところに、本業や理念に対する「薄さ」を感じた。

最後に、究極のブラックジョークですが、今回の事件で急激にトラフィックが増えたのにきちんとアクセスできるライブドアのサーバーインフラは大したものだと思う。

『いっそ、東証に売りに行ったらどうだろう』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junnama.alfasado.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/499

コメント(4)

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50343651.html
entryは見つけられないのですが「俺はもっと出来る」みたいな事を元CTOの方が述べています。しかし、例外の例外の例外のループがとかいうコメントが沢山ぶら下がっておりました。

iEditを愛用していますが、来年再来年のIntelMacの頃にはFadeAwayなのでしょうか?

> iEditを愛用していますが、来年再来年のIntelMacの頃にはFadeAwayなのでしょうか?

う〜ん、会社はじめちゃったので時間がとれないので...
次つくるとしたらちょっと違うものかもしれません。

というよりも、OS X の初期の頃に何とか手直したものの、開発環境をバージョンアップするとうまく動いてくれないという状況で(設計が悪いというのもあるんですが、開発環境自体にバグが多くて、結構技を使いまくって作成したので、そのせいもあります)、作るのならばスクラップ&ビルドかなぁ、と思っています。

僕自身このソフトのせいで、MacOS 9から中々離れられないんです。

# 会社が儲かって、プチリタイアできたらまた作ります...なんて。

Ju's iEdit ver.5 fc10はIntel solo Mac miniでサクサク動きました。

sionoiri さん

> Ju's iEdit ver.5 fc10はIntel solo Mac miniでサクサク動きました。

そうですか! じゃぁ、あのままのソース+開発環境で機能追加していってもまだ大丈夫なんでしょうか?? だったら話は別だったりしますが...

ブラウザでのプレビュー機能とかが、変えなきゃなんないですよね。ブラウザのシェアとか、種類とか変わってますからね。

コメントする

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、Junnama Nodaが2006年2月 3日 01:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年もお世話になりました。」です。

次のブログ記事は「クリエーターが独立して会社を作るのに1円起業は有効か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.6